2018年07月07日

コネクト〜おうちごはんで育む

コネクト4.JPG

「コネクト」は、海外生活を経験したママたちが、現地で学んだ各国の家庭料理を紹介し合いながら地域と楽しくつながっていこうと、3年前に発足したグループだ。

活動のフィールドは、川崎市宮前区宮前平。海外赴任が多い企業の社宅が建ち並んでいた地域だ。学区内の市立富士見台小学校は、長年帰国児童を受け入れてきた歴史を持ち、同校には海外生活経験のある児童の保護者による「たんぽぽの会」が存続する。

同会で出会ったママたちが、おすすめの各国料理の持ち寄りパーティーを開いた時、「作り方教えて!」との声があちこちで上がったことが「コネクト」誕生のきっかけとなった。2018年のテーマは「世界のおうちごはん」。2カ月に1回、海外に住んでいたママたちに現地のおうちごはんを習っている。

これまでに、マダガスカル、イギリス、インド編を開催。活動場所は、まちかど交流スペース「さくら坂スタジオ」。道路に面したガラス張りで中が見ることができる。「散歩途中にチラシが見えて楽しそうだった」と、ベビーカーの子連れで参加する夫婦も。

共同代表の峰野郁子さん(=写真中央)は、「お料理だけでなく、現地の暮らしぶりを聞けるのもこの会の魅力。各国の家庭の味を通じて地域のつながりをつくれたら」と話した。

問い合わせはメールで(connect.miyamae@gmail.com)。

(2018年7月7日 神奈川新聞掲載 市民記者・清水まゆみ)
posted by 市民発担当 at 16:31| Comment(0) | その他

2018年06月30日

かっとび太鼓〜地域で活躍 伝統芸能

かっとび太鼓(小).jpg

2017年に設立30周年を迎えた「かっとび太鼓」。活動のきっかけは、初代会長の廣川安雄さん(93)が、当時の川崎市立西御幸小学校(同市幸区)の中村剛教頭に「子どもたちを元気にし、日本の伝統芸能でもある太鼓を指導してほしい」と頼まれたことからだ。

「かっとび」とは中村教諭の故郷である九州地方の方言。あぜ道に植えてある高さ50センチほどの枝豆を勢いよくかっ飛ばして遊んだ昔を思い出し、チーム名に決めたという。

同団体のメンバーは大人15人と子ども20人。大人のほとんどは創立時からのメンバーで、30年間にわたり子どもたちと一緒に活動を続けている。

同小学校の体育館を借りて練習をしている。周囲の住民に迷惑をかけないよう、夏でも窓を閉め切って細心の注意を払う。太鼓に毛布をかけ、音をできるだけ抑える工夫もしている(=写真)。

太鼓指導は3代目会長の早坂義一さん(76)。中学3年の小宮弥月さん(15)は小学4年から太鼓を始めた。「最後にピタッと決まると『やったぁ!』と思う。高校は太鼓クラブのある学校を選びたい」と太鼓の魅力を語る。

学校の運動会ではノリのいい曲「ジンギスカン」、文化祭などでは「川崎踊り」を中心に披露する。今年も夏祭りが近づき、太鼓を叩く手にも力が入る。メンバーも広く募集中。問い合わせは早坂さん 電話090(3318)9008。

(2018年6月30日 神奈川新聞掲載 市民記者・島村艶子)
posted by 市民発担当 at 16:25| Comment(0) | 文化・芸術

2018年06月23日

川崎市認知症ネットワーク〜孤立させず支援続け

川崎市認知症ネットワーク(小).jpg

「認知症の人も一人の生活者として、堂々と生きていきたい!」。この思いの下に、家族会など川崎市内16の市民グループが、1996年に「川崎市認知症ネットワーク」〈柿沼規子代表(74)(=写真右)〉を発足した。

「孤立させない」「認知症を理解して見守り応援する人を増やす」活動を20年以上続けている。家族だけで悩みや困り事を抱え込まず、社会とつなぐことが認知症者と介護する家族の支えになる。同ネットワークは発足時から「暮らしの目線」で地域に認知症への理解を広めてきた。

活動の一つ、認知症啓発寸劇「劇団SOS」の出演者は介護の体験者たち。認知症の人や家族の心理、対応の仕方を分りやすく演じる。男性が悩みを語りやすいようにと「男性介護者の集い」も開いている。

徘徊(はいかい)などで行方不明になった時の不安な体験や、病状の進行で変わってゆく介護生活にどのように向き合うかなど、認知症介護者家族の悩みは深い。地域の隣人たちが、認知症を理解し、見守り、サポートしてくれることを願い、「認知症サポーター養成講座」の講師も派遣している。

柿沼代表は「地域でお互いさまの心が広まり、認知症の人と家族へ手を差し伸べてくれることが、超高齢社会での希望になります」と語る。

(2018年6月23日 神奈川新聞掲載 市民記者・小島博記)
posted by 市民発担当 at 16:26| Comment(0) | 福祉・医療・保健