2018年09月08日

NPO法人ジェントルハートプロジェクト〜いじめのない社会を

写真小.jpg

「NPO法人ジェントルハートプロジェクト」(小森新一郎代表)は、いじめ問題の解決を目指し、いじめによる自死遺族を中心に川崎市川崎区で2003年3月に設立された。現在7人のメンバーで活動している。

設立のきっかけは、小森さんの一人娘香澄さんが15歳の時、いじめにより自死に追い込まれたことだ。「いじめ」が大きな社会問題であることを知った。

「やさしい心(ジェントルハート)」を育むことが、問題の解決につながると、全国各地の学校や地域で講演会を開催。講演回数は年間100回を数え、法人設立以来通算で1700回に上る。「自分もいじめをしたことがあった」「もういじめない」「大人は何もわかっていない」。中学校での講演後のアンケートには、生徒たちの素直な思いが記される。

いじめに関する法整備を目標に、関係遺族と10年にわたり働き掛けた成果は13年9月に「いじめ防止対策推進法」の成立として実を結んだ。

何年たってもなくならない、いじめ―。「人間、一人一人が違うことをまず知り、お互いが認め合うことが、人として成長する上で大切です」と、小森美登里理事は娘・香澄さんの遺影のの前で語る(=写真)。さらなる法整備で、いじめのない「あたたかい学校と社会」を目指し、法人の活動は続く。活動の詳細は団体ホームページhttps://npo-ghp.or.jp/

(2018年9月8日 神奈川新聞掲載 市民記者・増岡健次)
posted by 市民発担当 at 16:25| Comment(0) | 人権

2018年03月17日

かわさき子どもの権利フォーラム〜「条例」の普及と啓発

子どもの権利写真小.jpg

川崎市子どもの権利に関する条例は、子どもが「ありのままの自分でいられる権利」など、子どもの権利を総合的に保障した国内初の条例だ。同市には、子どもの人権や多文化共生の理念を大切にしてきた流れがあり、2000年12月に制定された。

それから18年―。市内の児童虐待件数は減らず、子どもに対する事件も多い。そこで、市民の立場で条例の啓発活動を行い、理念を根付かせることで、いじめや差別のない「子どもにやさしいまちづくり」を目指そうと、市民団体「かわさき子どもの権利フォーラム」が17年8月に設立された。

代表の山田雅太さん(64)(=写真右端)は、「社会の中で条例が浸透せずに風化していると感じる中、多摩川河川敷で中学1年の男子生徒が殺害される事件が起きた。子どもは大人にものを言う手段がない。子どものSOSを受け止め、子どもの権利を守るための団体が必要と感じた」と語る。

設立委員には、条例制定に関わった元市職員や学識経験者ら16人が参加。「子ども委員」として、高校2年時に条例づくりに参加した圓谷雪絵さん(34)が事務局を務める。

今後は、子どもと大人が一緒に権利について学ぶ場や、子ども支援団体とのネットワークを構築し、条例の普及啓発活動を行う。同団体への問合わせは、電子メールで。アドレスはkawasakifrc@gmail.com

(2018年3月17日 神奈川新聞掲載 市民記者・矢島泰弘)
posted by 市民発担当 at 16:34| Comment(0) | 人権

2017年11月25日

NPO法人ウィメンズハウス・花みずき〜地域の居場所として

花みずき(小).jpg

「スペースらいらっく」は川崎市多摩区にあるオープンスペースだ。通りに面したガラス張りの部屋には日射しが広がり、テーブルとソファが置かれる。窓の下にはピアノ、子どもが遊べるコーナーも備わっている。

「すべて支援者が持ち寄ってくださった物です」と大塚加代子事務局長(67)。この場所を開設したNPO法人「ウィメンズハウス・花みずき」は20年前、女性カウンセラー5人で女性からの相談受け付けを開始。行政とも連携して、身近な人から力による支配を受けた女性の支援や保護に携わってきた。

活動を通し「生活をする地域の中に、女性が安心してひと息つけ、人のつながりが生まれ、いつでも相談もできる居場所が必要」と思い立ったことが、昨年のスペースらいらっくの開設につながった。現在、ここで多様なグループや個人が活動している。親子工作教室(=写真)なども開催され、人のつながりが広がりつつある。

12月10日、開設1周年を記念した「らいらっくフェスタ」を行う。パラリンピック日本代表の成田真由美さんのトークをはじめ、音楽演奏など日頃利用する人たちの活動が紹介される。

スタッフたちは「フェスタをきっかけに、さらに多くの地域住民にこの場所を知ってもらえたら」と来場を呼び掛けている。問い合わせは、スペースらいらっく 電話044(900)7797。

(2017年11月25日 神奈川新聞掲載 市民記者・横山知恵子)
posted by 市民発担当 at 16:19| Comment(0) | 人権