2017年10月07日

NPO法人川崎市社交ダンス地域インストラクター協会〜ダンスを生活の中に

川崎市社交ダンスインストラクター.jpg

「NPO法人川崎市社交ダンス地域インストラクター協会」の練習が、川崎市幸区の古市場2丁目会館で行われている(=写真)。参加者の平均年齢は78歳だが、背筋を伸ばして優雅に踊る姿は年齢を感じさせない。最高齢の86歳の本宮信子さんは「練習日が待ち遠しい」と語る。

代表の佐々木勇美さん(82)は、50年前に川崎市教育文化会館の社交ダンス講習会に参加したことがきっかけで、音楽を楽しみ、男女がお互いに最善を尽くしてより良い踊りを目指す社交ダンスの魅力に取りつかれた。「誰もが生涯にわたって楽しみながら心身の健康維持と向上を図り、地域の仲間づくりにもなる非競技型の社交ダンスを普及させたい」と、1999年に同法人を立ち上げた。

毎月1回、定期的に社交ダンスの講演会と学習会を開催。地域でダンスの指導を行うインストラクターの育成に努めている。市内各地域で活躍する人材が20人以上になった。活動範囲は市内全域に広がり受講生の数も100人を超えた。

インストラクターの1人、社交ダンス歴40年になる馬場美智子さん(69)は、「ダンスを生きがいに、限りある人生を楽しみ、基本に忠実な指導をしていきたい」と意気込みを語る。問い合わせは、事務局 電話044-522-6664。

(2017年10月7日 神奈川新聞掲載 市民記者・島村艶子)
posted by 市民発担当 at 16:34| Comment(0) | スポーツ・レクリエーション

2017年04月08日

らくらくピアノサークル〜憧れの音楽 ピアノで

HKP_5036_00004.jpg

「妻の誕生日にピアノを弾きたい」「子どもが習ったピアノを私も弾いてみたかった」という人たちが「らくらくピアノサークル」の練習に集まる(=写真)。鍵盤に指を動かす練習日は、地域に知り合いを増やす機会にもなっている。

中原区在住の椿知子さんが主宰するピアノサークルには鍵盤に初めて触れる人も参加する。誰でも簡単に弾けるように「らくらくピアノ」独自の工夫がある。楽譜に親指から小指までを示す1、2、3、4、5の数字が記され、それに従い鍵盤を弾くことでメロディーを奏でる。練習日は月に2日ある。

会員の森谷俊明さん(65)は1年で11曲を弾くまでになった。冒頭の妻のために弾きたい人である。「さまよいながら続けた成果」と笑う。長い間、音楽に憧れてきた早野裕康さん(67)は「実は孫と一緒に弾きたい」と話す。定年退職後、憧れに向かい踏み出し、友達もできた。何より楽しいから続くと会員は語る。

「中高年も楽しめて健康維持に役立つ」こともサークルが目指す姿の一つ。市内のボランティア活動の交流会ごえん楽市に設けた体験コーナーで「体験にいらした方に接する会員さんたちが楽しそう」で椿さんはうれしく思った。

地域に開かれた活動であるためにも、今後は毎年のおさらい会の開催、地域の文化祭参加や福祉施設訪問なども考えている。問い合せは、椿さん電話 080-9026-0778。

(2017年4月8日 神奈川新聞掲載 市民記者・小島博記)
posted by 市民発担当 at 16:20| Comment(0) | スポーツ・レクリエーション

2016年09月03日

ダンスラボラトリー〜ダンスで夢は大きく

ダンスラボ写真.jpg

会の立ち上げは2014年、障がい児を持つ母親たちの「子どもがダンスを通じて自信を持ち、何かできることを伸ばせたら」という思いだった。「ゼロからのスタート」「暗中模索」の中で、合言葉を「誰でもできる楽しいダンス」に、仲間づくりから始めた。目標は、20年の東京パラリンピック・エキシビジョンにダンスでの参加だ。

「無理せず、ゆるく、楽しく」という会の雰囲気をそのままに、活動範囲を確実に広げ2年が経った。今や、会のメンバーは親子会員を合わせれば60人という大所帯に成長した。プロのダンス講師4人とアシスタント2人が指導しているが、アシスタントはこの会の障がい者メンバーが務めるまでになった。

「1年間、何も受け入れずにいた子が突然、心を開いて踊り始めたときは、運動効果以上に心のつながりを感じました。母親たちの『踊ることで、子どもが生き生きと元気になり、ここで仲間と会えることが最高の楽しみ』との声が励みです」と代表の園部由美さんは語る。

地域活動では、ワークショップを開き、イベントにも積極的に関わる。今月16日には、高津区まちづくり協議会主催の「キャンドルナイト」に出演予定。オープニングで披露するダンスに汗を流して取り組む日々だ(=写真)。詳細は、ホームページ(http://dancelabo.ict-iig.com/)。 

(2016年9月3日 神奈川新聞掲載 市民記者・町田香子)
posted by 市民発担当 at 16:31| Comment(0) | スポーツ・レクリエーション