2017年03月25日

はるひ野里山学校〜成果は自然が答える

小_RIMG9207(アメリカザリガニ)修正.jpg

「はるひ野里山学校」は、川崎市最西端のはるひ野・黒川地域(麻生区)の自然環境の維持・保全を目的として2005年に設立された市民団体だ。

主な活動場所は黒川谷ツ公園である。小田急多摩線はるひ野駅北側にある同公園は、湧水が流れ、水田跡の湿地、雑木林が広がる。農村集落であった面影が残り、この環境を守るために、一般開放は月に4回とし、同団体がその運営を担っている。

会員は25人。60代から70代が中心で、開放日と月4回程度の作業日は、ベテラン会員が交代でリーダーとなり、園内の動植物を観察、調査し、記録を残す。管理活動にも精を出し、生態系に大きな被害をもたらす外来生物、アメリカザリガニの駆除は09年から継続している。毎回捕獲数を記録し活動の柱になっている(=写真)。

昨年夏、設立当初からの会員で前代表の村上博さん(77)が5年の年月をかけ、準絶滅危惧の花「イヌタヌキモ」を復活させた。初夏にはホタルも増え、園内の変化に「成果は自然が答えを出してくれる」とほほ笑む。

地域のはるひ野小学校4年生の観察会支援も約10年になる。「草刈りに興味を持った子には鎌の使い方も教える。子どもの目線に立って、今後は観察から一歩進めた体験活動を学校に呼び掛けていきたい」と代表の田宮智さん(73)は話す。

(2017年3月25日 神奈川新聞掲載 市民記者・清水まゆみ)
posted by 市民発担当 at 16:24| Comment(0) | 環境

2017年02月11日

森とせせらぎネットワーク〜次世代にふるさとを

小_森とせせらぎ.jpg

「江川せせらぎ遊歩道」は、中原区と高津区の境を流れる江川沿いに続く。かつて田畑を潤した川には今、等々力水処理場からの高度処理水が矢上川に向かって穏やかに流れる。地域の人たちはジョギングをしたり散歩をしたりして思い思いに水辺で過ごす。足下に埋設された雨水貯留管も含め、地域住民の暮らしに欠かせない施設だ。

荒廃した河川跡地をまちづくりに生かそうと、市民らによる「江川の水と緑を考える会」が遊歩道の計画段階から参加。行政と協力しながら13年の年月を費やし、2003年に完成させた。現在は、同会を再編成して誕生した「森とせせらぎネットワーク」が維持管理している(=写真)。

主催する恒例の「灯籠流し」では、子どもらに「お盆」「先祖」「灯籠」などの意味を教え、楽しみながら「伝統行事やしきたり」に親しんでもらっている。一般の人もトイレを利用できるように開放し、誰もが気軽に立ち寄れる場となった管理棟では、絵手紙展や写真展、菊花展などを開催。四季を通じて周辺地域のコミュニティーとなっている。

事務局長の田辺勝義さんは「地域の歴史に欠かせない江川の成り立ちと歩みを伝えながら、“次世代のふるさとづくり”を目指して活動を続けていきたい」と抱負を語る。

(2017年2月11日 神奈川新聞掲載 市民記者・菅原登志子)
posted by 市民発担当 at 16:21| Comment(0) | 環境

2016年05月28日

れもんぐらす〜ハーブで育む先人愛

れもんぐらす2-1.jpg

南武線宿河原駅から二ケ領用水沿いを歩いて7分。「川崎市緑化センター西園」は、約6千平方メートルに芝生公園や樹木の見本庭園などが広がり、地域住民が緑に親しむ場となっている。

「れもんぐらす」は、この一角で約50平方メートルのハーブ園を開く市民グループだ。設立は2012年4月。近くに住む藤田純子さん(79)を中心に、雑草がはびこり、柵で囲われていた場所を地域住民が活用する許可を得て、草取りから始まった。柵を外し、整地、樹木の剪定(せんてい)などセンターの協力も得ながら5年目になる。

現在10人が所属し、毎週木曜日が活動日。ハーブ園では約80種類のハーブが育てられ、訪れる人に親しんでもらおうと一つ一つに植物名、科名、解説などが書かれた樹名板をつけている(=写真)。作業中、園内を散歩する人から声をかけられ、ハーブの話が弾むといった交流も生まれている。

「両親の介護でアップアップの日々。ここでおしゃべりをしながら土に触れ汗を流す時間で、自分をリセットできる」とメンバーの一人は話す。  

藤田さんは、「緑化センターに多くの人が訪れてほしい。先人が残してくれた二ケ領用水の風や木々の恵みを感じ、ハーブを楽しみながら交流してほしい」と笑顔をみせていた。

(2016年5月28日 神奈川新聞掲載 市民記者・清水まゆみ)
posted by 市民発担当 at 16:51| Comment(0) | 環境