2017年07月29日

長尾台コミュニティバス利用者協議会〜あじさい号を次代へ

170729市民発_長尾台コミュニティバス.jpg

川崎市多摩区長尾台の丘陵地を青色に輝くバスが走る。コミュニティーバス「あじさい号」(=写真)だ。「このバスがあるから仕事に行ける」「なくては困る」という乗客の声は、バスが地域の足として定着したことを物語る。

「電車やバス路線から離れた長尾台にバスを」と2008年、「長尾台コミュニティ交通導入推進協議会」が設立。6年後、本格運行にこぎ着けたことで「長尾台コミュニティバス利用者協議会」に移行した。

会長の児井(こい)正臣さん(72)と会員13人は、「車がなくても」「高齢になっても」生活ができる、エコで住みやすいまちを目指す。「あじさい号」のダイヤは、朝6時台から夜10時台までと路線バス並みに幅広く、通勤時間帯の本数が多い。

「自分たちの住む所は、自分たちで良くしたい」という協議会のメンバーはバスの本格運行後、ルート図や乗り継ぎダイヤ表を作成し、各戸に配布するなど、「あじさい号」を住民の手で育てていこうと、バス利用を呼び掛けた。乗客には毎年、利用実態調査を行い検証を続ける。

また、「あじさい号」の車内では、折々の写真や地域の子どもの絵を展示する。7月は、多摩区の名所の写真を展示中だ。

児井さんは「都市部の交通空白地帯の問題は深刻。他地域で同様の計画があれば、経験を生かして応援したい」と話している。

(2017年7月29日 神奈川新聞掲載 市民記者・横山知恵子)
posted by 市民発担当 at 16:20| Comment(0) | まちづくり

2017年04月22日

荒川洋子さん〜農支援など活動22年

小サイズ荒川さん2.jpg

川崎市宮前区在住の荒川洋子さん(74)(=写真)は、市民活動を始めて22年。多摩区にある日本民家園をサポートする「炉端の会」発足メンバーになったのが最初だった。

石川県出身、金沢大学で教育心理学を学び、特別支援学校の教師となる。結婚後の1972年、川崎市に転入。専業主婦となり育児中心の生活の中、「少しでも社会に関わりたい」と、さまざまな市民活動の研修を受講。「人との出会いで可能性が広がる」と気づき、活動に身を置いた。

2007年にはメンバー3人で菅生分館の自主企画講座「傾聴すがお」を立ち上げた。活動内容は、高齢者施設を訪問する傾聴ボランティアとしての活動だ。08年、市と専修大学連携した社会人の学び直しプログラム「KSアカデミー」を受講し、「良き人々との絆」が広がった。そして、「緑と共生するコミュニティづくり」を宮前区に提案。「みやまえの農企画委員会」から「みやまえC級グルメコンテスト」(宮前市民館協働事業)へと活動も広がった。

「今後も、『みやまえ農の応援隊』活動を通じて、さまざまな世代交流ができる場として、宮前区の農を守りたい」。同区まちづくり協議会理事も務める荒川さんは、意欲を強めるばかりだ。

(2017年4月22日 神奈川新聞掲載 市民記者・加藤紀広)
posted by 市民発担当 at 16:31| Comment(0) | まちづくり

2017年04月01日

川崎区エコマネー福ふくクラブ 川崎区エコマネー福ふくクラブ〜地域通貨で善意流通

エコマネー3-1.jpg

エコマネーとは、金銭では評価されない人々の助け合い、知識や知恵の交換に対して払われる地域通貨で、人々の善意を流通させる「仕掛け」でもある。

「川崎区エコマネー福ふくクラブ」は、遊び心を取り入れつつ、地域での助け合い活動を促進していこうと、2001年に区民有志と区役所が共同で立ち上げたボランティア団体だ。

活動の中心は、毎月第3日曜日の午後、教育文化会館市民活動コーナーで開催される福の市。参加費100円と引き換えに、「大福」と呼ばれるエコマネー3枚が渡される。ビーズ手芸や小物制作などを楽しみながら、お茶やお菓子をいただく。これらの利用は「大福」と交換できる仕組みだ。

2月は、お内裏様の手作りに挑戦。2時間の活動時間内で完成させるため、あらかじめ材料は講師が準備している。「当日、入り口のチラシを見て参加される方もいるため、多めに用意をしています。どなたも気軽に来てください。」と話すのは元代表の池田ハルミさん(=写真左)。

毎月参加している今川貞子さんは、カレンダーに印を付けることで「よし行こう」と前向きな気持ちになるという。「毎回、参加者は20人ほど。仲間づくりや地域とのつながりのきっかけにしていただければうれしいです」と代表の宮田朗さん(=写真右)は語る。

(2017年4月1日 神奈川新聞掲載 市民記者・渋澤和世)
posted by 市民発担当 at 16:45| Comment(0) | まちづくり