2018年10月06日

NPO法人はたらくらす〜母目線でまちづくり

はたらくらす(小).jpg

NPO法人はたらくらすは「自分が住む街に暮らす人たちのためになることをしよう」と2017年11月に設立された。

同法人の代表は石渡裕美さん(39)。小学5年生の長男をはじめ、男の子3人のお母さんで、09年に自主保育グループ「まんまる」を立ち上げた。同グループは、自然に触れ合う子育てをモットーに何事も話し合いを重視。この実践が母親の学びの場になり、地域の多世代とたくさんのつながりができたという。

今春、活動エリアのJR新川崎駅(川崎市幸区)近くの再開発で「多世代交流のまちづくり」を掲げ、高齢者施設や保育園、商業施設などを新設した街が誕生。企画段階で、石渡さんに開発事業者から多世代交流の街をつくるための地域との関わり方について相談があった。「この出会いがNPO法人設立のきっかけになった」と石渡さんは言う。

現在は同街にあるコーヒーショップの一角で「暮らしを彩るギャザリング」と銘打ったワークショップを開催。「自分だけのオリジナルヘアアクセサリー作り」(=写真)に参加した母親らは「家の近くのカフェで子どもと一緒に好きな色を選び、リフレッシュできた」と喜ぶ。

「みんなで少しずつお金を出し合い、働きかける、働く、暮らす、クラス(集う・学ぶ)のある母親目線のまちづくりを目指したい」と石渡さんは語る。

ワークショップは、「NPO法人はたらくらす」でWEB検索。

(2018年10月6日 神奈川新聞掲載 市民記者・清水まゆみ)
posted by 市民発担当 at 16:28| Comment(0) | まちづくり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。