2018年09月29日

ランドヌ東京〜長距離を走る満足感

ランドヌ東京(小).jpg

ランドヌ東京は、長距離のサイクリングイベントを開催する団体だ。2013年11月から川崎市を中心に現在26人のスタッフで活動している。

このイベントはブルベ(フランス語で「認定」の意味)と呼ばれ、参加者はスタートからゴールまで全てを自己責任で行う。順位を競うのではなく、制限時間内に決められたコースを完走し、認定を受けることが目的だ。

コースは同団体のスタッフが考案し、距離は200キロから1200キロの6段階。市とどろきアリーナ前(中原区)を起点(=写真)に、武蔵中原駅を終点とすることで、地元のにぎわいにも寄与している。40時間を制限とした600キロのコースは、折返し地点を長野県の安曇野や静岡県の浜名湖に設定。川崎を発着点にすることでどんなコースでも組める利点があるという。

参加者の大半は川崎の近隣からで、年齢は20〜80代前後と幅広いのも特徴。「完走できて良かった」。安堵(あんど)と達成感を浮かべた参加者の声がゴール地点に広がる。

津村明彦代表(58)は「参加者がブルベを続ける意欲を持っていることがありがたい。今後はイベント参加者に公道を走るマナーを教えるだけではなく、地域住民に安全な自転車の乗り方も啓発していきたい」と抱負を語る。

問い合わせは同団体ホームページ(https://randonneurs.tokyo/)のメールフォームから。

(2018年9月29日 神奈川新聞掲載 市民記者・原達也)
posted by 市民発担当 at 16:22| Comment(0) | スポーツ・レクリエーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。