2018年08月25日

ぴんころの会〜作品はオンリーワン

ぴんころの会写真.jpg

捨てられていくものに再び命を与えたいと、2017年4月に「ぴんころの会」(川崎市川崎区)は生まれた。会の名称には、人生の最期まで元気に活動しようという願いが込められている。

代表の島村艶子さん(71)(=写真右奥)は「ごみとして捨てられるものを再生する活動の源は、もったいないと思う強い気持ちです」と語る。島村さんの思いに賛同した30〜70代の会員20人は、着物や洋服、セーターなどの不用品を老人ホームや町会、知り合いなどから集める。

これらの材料に、刺しゅうや金箔(きんぱく)で絵を描きタペストリーやバッグに仕上げる。はかまはのれんに、手拭いはポシェットに生まれ変わる。作品は製作者の個性が出るよう心を込めて作るという。どれも他にはないオンリーワンだ。

出来上がった作品は、貸しギャラリーなどで展示販売をするが、いつもほぼ完売する。売り上げの半分は会の活動資金に、半分は製作者が受け取る。会員のやりがいを生み出す仕組みだ。

最年少会員の加納直子さん(39)は「ここでの物作りは、企業の商品開発と同じです」と真剣な眼差しで作業を進める。今後の予定は、9月19日から21日まで東京都品川区の「旗の台ギャラリーながおか」で「もったいない市」を開き展示即売を行う。

(2018年8月25日 神奈川新聞掲載 市民記者・吉川サナエ)
posted by 市民発担当 at 16:22| Comment(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。