2018年08月18日

一般社団法人ビブリオポルトス〜人と人を結ぶ本の港

ビブリオポルトス(小).jpg

千冊の絵本を川崎市内40の保育園へ届ける「絵本のまち、かわさき」運動を始めたのは、一般社団法人「ビブリオポルトス」だ。

地域住民に絵本の寄付を呼び掛け、自転車で受け取りに出向く。絵本が不足している保育所に届けるための活動だ。中原区役所の支援を受け、同区の後援事業にもなった。

同法人は、「個人の読書体験を他人と関わるきっかけにして、多くの人に読書の楽しさを伝えたい」と、2014年9月に設立された。代表理事の小松雄也さん(27)(=写真左端)は、「この運動を通じて、地域の住民が社会事業に参加しつつ、子どもたちとのつながりを実感してほしい」という。

小松さんは、芸術家・岡本太郎の言葉「己の夢にすべてのエネルギーを懸けるべき」に感銘を受け、多くの企画を有言実行。「中原区の児童養護施設・新日本学園に10万円で110冊寄贈」に向けクラウドファンディングで支援を募り、6日間で目標額を達成した。支援者の半数以上が同区民だった。地域の人に支えられていると実感した。

同法人の大志は「本は心の財産。市内の小中学生に君だけの一冊を届けて、不読率ゼロを川崎から日本全国に広めたい」である。現在、読まなくなった絵本の寄付を受け付けている(送料自己負担)。送付先は〒211−0041、川崎市中原区下小田中2の21の17の206、小松雄也さん。

(2018年8月18日 神奈川新聞掲載 市民記者・鴇田恵子)
posted by 市民発担当 at 16:18| Comment(0) | 子どもの健全育成
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。