2018年04月28日

Coaクラブ〜デザインで地域貢献

Coaクラブ2.JPG

Coaクラブは、地域に発信する印刷物のデザイン力で「川崎をもっともっとオシャレな町にしよう」と2008年に設立された。

同クラブの活動は、印刷物の制作技術を楽しみながら習得する地域貢献デザイン教室事業と、川崎市内のイベントチラシなどのデザインをボランティアで支援する広告制作事業が2本柱だ。現在会員は約50人。学生、入社2、3年目でのスキルアップ、子育てが一段落した主婦など10代から70代までの多彩な顔ぶれだ。

デザイン教室は、月に2回、日曜の午後に中原市民館など武蔵小杉駅周辺で開催している(=写真)。カレンダーなど初歩的なものから始まり、一定の技術を取得すると、市内の企業や団体のイベントチラシなどの広告制作に挑戦でき、デザイナーとして実践、実績を積み重ねていく。

月受講料(会費含む)は無料〜4千円。公益的なイベント運営やチラシ制作などに挑戦するとポイント制で受講料が減額になる。入会して半年という60代の女性は「絵が苦手な私でもキャラクターが作れる。いくつになっても学ぶことは楽しい」と話す。

代表の松田安芸江さん(43)は「京急大師線の電車のヘッドマークに会員の作品が採用されたんです!うれしくて」と笑顔を見せた。問い合わせは、インターネットでCoaクラブと検索。

(2018年4月28日 神奈川新聞掲載 市民記者・清水まゆみ)
posted by 市民発担当 at 16:16| Comment(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。