2018年03月24日

不登校を考える親の会・川崎の会〜子育て支え合える場

不登校の会(小).jpg

「不登校を考える親の会・川崎の会」(谷川捷代表)は、川崎市中原区のかわさき市民活動センターで月1回、保護者同士が子育てについて交流し、支え合える場をつくっている。

副代表の竹内春雄さん(69)(=写真右)は、小学校教諭を退職後、不登校の研究会に参加した。「子育ての責任を一人で背負って、孤立している親たちに出会い、もっと相談できる機会を増やしたい」と2014年に同川崎の会を立ち上げた。現在の会員は小中学生・高校生の子どもを持つ母親が中心で35人。

インターネットで同会を知り、2年前から参加している母親は「子どもの現状はすぐには変わらないけれど、定例会が待ち遠しい。不安に思っていることを気兼ねなく聞ける」と話す。

不登校経験者でもある30代の男性は「親御さんたちは、深刻にならずに子どもを信じてほしい。親が元気になれば子どもも前向きになれる」と語る。

竹内さんは、活動の報告と次回の案内に添えて、毎回一人一人に手書きの手紙を送る。
「参加者から『こんなことをしたい』と子どもが言い出してきた話などを聞くと、親子関係の好転が感じられてうれしい。一人で悩まず、相談会に参加してほしい」と呼び掛ける。

今後は同じ取り組みをしている他団体との交流を計画している。次回は4月22日午前10時から。連絡先は竹内さん 電話090(3692)6996。

(2018年3月24日 神奈川新聞掲載 市民記者・安達朝子)
posted by 市民発担当 at 16:17| Comment(0) | 子育て
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。