2018年03月10日

スペース4丁目こども食堂〜心もお腹も温まる場

スペース4丁目こども食堂.jpg

「格差社会の中で生きづらい子どもたちがいるかもしれない。誰が来ても大歓迎の地域の食堂のおばさんとして、仲間と活動したい」。代表の西村光子さん(73)はそう考えた。

「スペース4丁目こども食堂」は、昨年2月から川崎市高津区新作4丁目の個人宅で月2回開催している(=写真)。メンバーは18人で、栄養士や調理師の有資格者、会員交流サイト(SNS)発信やチラシ作成の担当者など、それぞれが能力を発揮し、うまく運営している。

取材した日のメニューは、自家製トマトピューレの入ったドライカレーで、辛さは2種類。地域の無農薬野菜たっぷりのスープやあえ物・煮物とデザートの5品で栄養も満点。参加者からは、「野菜が甘くおいしいので、好きになる」などと好評だ。予想以上の来客と「お代わり」の声に調理スタッフは目配り、声掛けをして笑顔で応える。

常連客が保育園落選の悩みを打ち明けると、スタッフ7人がアドバイスと心強い声援を送る。話すことで信頼が生まれ、絆が強まる所になる。

「地域に支えられた食堂として、心も体も温まる、ホッとできる居場所にしたい」と西村さん。毎月第1・第3木曜日午後4時半から開催で次回は15日。連絡先は、西村さん電話044(855)1377。

(2018年3月10日 神奈川新聞掲載 市民記者・鴇田恵子)
posted by 市民発担当 at 16:35| Comment(0) | 子どもの健全育成
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。