2018年02月17日

NPO法人幸区盛り上げ隊〜ママが元気なまちを

幸区盛り上げ隊(小).jpg

「幸区盛り上げ隊」は、昨年11月、川崎市幸区で「ママが楽しく暮らせるまちづくり」を目指しNPO法人の認証を受けた。

代表は、同区に住む倉林智美さん(38)(=写真左)。イベント会社で12年のキャリアを積んだが産後の仕事復帰を経て退職。子育て経験をプラスにすべく「育児セラピスト」の資格を取得。地元で活動する場をインターネットで検索するうちに「幸区には子連れで参加できるイベントが少ない」と気付いた。

そこで、他地域に目を向けた同年2月、横浜市内で開催されたママ向けイベントで近所に住むイラストレーターのナギノモモコさん(38)(=同中央)と出会い意気投合。任意団体「幸区盛り上げ隊!」を2人で立ち上げた。

6月には川崎区の商業施設で開催された「ハッピーママフェスタ川崎」で団体PRブースを出展。チラシは、幸区内の和菓子店、整骨院などから広告を出してもらい作成。協力者たちの存在に「『幸区をぜひ盛り上げて』って背中を押された」と倉林さん。

ナギノさんは、切り口が花や動物になる巻きずしの親子教室、倉林さんは、イベント企画・運営を担う。現在、メールマガジンの会員は約60人。活動の場で出会った、地域活動に励むシニアや行政書士など、幅広い人たちが活動を支える。

「ナギノさんと出会って1年。思いついたら動き、NPO法人設立まで来ちゃいました」と倉林さんは笑顔を見せた。

(2018年2月17日 神奈川新聞掲載 市民記者・清水まゆみ)
posted by 市民発担当 at 17:00| Comment(0) | まちづくり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。