2017年12月23日

つばき学習会〜優しく子ども支える

つばき学習会写真1.jpg

つばき学習会は、勉強が少し苦手な小学生の子どもたちをサポートする団体だ。毎週土曜日、川崎市幸区社会福祉協議会のスペースを借りて無料で勉強を教えている。療育センターのワーカーから紹介された子どもも引き受けている。

スタッフは小学校教諭、塾講師、大学生ら(=写真)。「学校でも家でもない、温かい居場所をつくって学習支援をしたい」という思いで4月に設立された。団体名の由来は市民の木「つばき」。花言葉は「控えめな優しさ」。どんな子どもにも寄り添って支える存在になりたい、という思いが込められている。子ども一人一人の学習レベルに合わせ、丁寧に教える。分からない問題は、少しずつヒントを与えながら一緒に考えていく。

「家だと5枚しかできない算数のプリントが、15枚もできた」「苦手な漢字をいっぱい練習した」と、子どもたちが照れながらもうれしそうに語る。子どもたちを送り出した後はミーティングを開き、個々の性格やレベルに合わせた学習の内容や進め方を話し合う。

「子どもたちの笑顔が一番のやりがい。来て良かった、と言ってもらえるとうれしい」と代表の吉原崇徳さん(26) はほほ笑む。

ツバキの花のように、控えめに優しく。今日も子どもたちを支える。スタッフも募集中。問い合わせは、同会電話 080(6585)0880。

(2017年12月23日 神奈川新聞掲載 市民記者・昆野夏子)
posted by 市民発担当 at 16:21| Comment(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。