2017年12月09日

男友会〜男性にも憩いの場を

男友会(小).jpg

地域交流の催しは、女性が多く男性は肩身の狭い思いをする。それなら男性限定の会をつくればいい。そんな思いから2015年11月「男友会」を設立した。現在65歳以上のシニア男性22人で活動中だ。

毎月第2・4木曜日の午後、特別養護老人ホーム「ビオラ川崎」(川崎区小田栄)で、体操教室が開かれる。2人の女性ボランティア講師の指導のもと、ストレッチ、筋力や持久力アップなどの体操を4セット、2時間かけて休憩を挟みつつ、参加者の体力に合わせながら進めている。

同施設内の地域包括支援センターの協力により、無料で会場を使用することができる。同じ施設を利用している、近隣の乳児とその保護者が対象の「赤ちゃんとママのつどい」では、地域のためにと、男手が必要な力仕事は男友会が請け負っている。

「体操の後は、気の合うグループでマージャンや男同士のおしゃべりを楽しむ。ここは一人で参加する方がほとんど。気軽に顔を出してほしい」と話すのは、メンバーの山ア昭重さん(82)。

代表の瀬戸建さん(77)(=写真左端)は、「今後も体調と相談しながら活動を続けたい。定年後の男性が集い、多くの方がここで仲間をつくり、さらには体を動かすことで健康寿命も延ばしてほしい。」と語る。

(2017年12月9日 神奈川新聞掲載 市民記者・渋澤和世)
posted by 市民発担当 at 18:54| Comment(0) | 福祉・医療・保健
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。