2017年11月25日

NPO法人ウィメンズハウス・花みずき〜地域の居場所として

花みずき(小).jpg

「スペースらいらっく」は川崎市多摩区にあるオープンスペースだ。通りに面したガラス張りの部屋には日射しが広がり、テーブルとソファが置かれる。窓の下にはピアノ、子どもが遊べるコーナーも備わっている。

「すべて支援者が持ち寄ってくださった物です」と大塚加代子事務局長(67)。この場所を開設したNPO法人「ウィメンズハウス・花みずき」は20年前、女性カウンセラー5人で女性からの相談受け付けを開始。行政とも連携して、身近な人から力による支配を受けた女性の支援や保護に携わってきた。

活動を通し「生活をする地域の中に、女性が安心してひと息つけ、人のつながりが生まれ、いつでも相談もできる居場所が必要」と思い立ったことが、昨年のスペースらいらっくの開設につながった。現在、ここで多様なグループや個人が活動している。親子工作教室(=写真)なども開催され、人のつながりが広がりつつある。

12月10日、開設1周年を記念した「らいらっくフェスタ」を行う。パラリンピック日本代表の成田真由美さんのトークをはじめ、音楽演奏など日頃利用する人たちの活動が紹介される。

スタッフたちは「フェスタをきっかけに、さらに多くの地域住民にこの場所を知ってもらえたら」と来場を呼び掛けている。問い合わせは、スペースらいらっく 電話044(900)7797。

(2017年11月25日 神奈川新聞掲載 市民記者・横山知恵子)
posted by 市民発担当 at 16:19| Comment(0) | 人権
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。