2017年11月18日

NPO法人ぺりの邑〜利用者の笑顔励みに

ぺり3(小).jpg

「ぺり」は、人に知られなくともよい仕事をして人助けをする妖精の名前である。

代表の眞崎頌也(まさきのぶや)さん(85)(=写真右)たちは、障害者福祉実践の場を持ちたいと活動を始め、2007年に「NPO法人ぺりの邑(むら)」として認可を受け、地域活動支援センター「ひびき工房」とグループホーム「にじ」を運営している。

ひびき工房は、小田急線百合ヶ丘駅近くにあり、障害者が駅から自力通所することも訓練の一つだ。街なかに作業所をつくることで、近隣住民とコミュニケーションを図りながら、10人の障害者がテープ起こしや点訳などの作業をしている。  

40代を過ぎた利用メンバーも増えたため、13年に自立生活するための足掛かりとしてにじを設立した。

多様性を重視し身体、知的、精神と異なる障害がある4人が生田緑地の一軒家で共同生活。6人の世話人や支援員がおり、温かい食事を提供するなど家庭的な雰囲気を大切にしている。クリスマス会やバーベキューも入居者が企画・実行。近隣に参加を呼びかけるなど地域交流にも努めている。

眞崎さんは、「ひびき工房を職業訓練ではなく就業の場とするために継続的な仕事を受託したり、日本の楽譜を点訳し、欧米の障害がある音楽家に送りたい」と今後の抱負を語った。

(2017年11月18日 神奈川新聞掲載 市民記者・山田和彦)
posted by 市民発担当 at 16:39| Comment(0) | 福祉・医療・保健
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。