2017年10月28日

宮前区小学校図書ボランティアの会〜絵本から広がる世界

小宮ボラ会_.jpg

「宮前区小学校図書ボランティアの会」は、図書ボランティアとして自主的に見識を深めようと2001年9月に発足。現在67人のメンバーがおり、活動17年目を迎えた。

読み聞かせボランティアや読み聞かせに関心のある人を対象に、川崎市宮前区の宮前市民館で「小学校での読み聞かせ講座(全8回)」を開催。季刊誌「子どもと本」(子ども文庫の会刊)をベースに作成した約150冊のリストから、絵本の選び方や読み聞かせの奥深さ、幅広さを学ぶ。

「大人のための絵本を楽しむ集い」は、同市民館で奇数月の第2金曜日10時から開催している。9月で95回目となり、毎回楽しみにしている人も多い。参加者は「絵を眺めお話を聴くことで、記憶に語りかける絵本の魅力に気づく」と語る。

同会の創設者である伊藤千代子さん(故人)が始めた、お薦めの本が置かれた家庭文庫は、伊藤さんに賛同・共感した母親たちにより、宮前区周辺4カ所で家庭や地域の文庫活動として継続されている。「絵本の種」は枝葉を茂らせ、絵本の読み聞かせ活動として小学校から地域へと広がっていく。

「子どもたちが優れた絵本と出会うことは、人への信頼や愛情、生きる力を育み、人生が豊かなものになる」と秋元澄子代表は語る。連絡先は電子メールmiyaborakai@gmail.com

(2017年10月28日 神奈川新聞掲載 市民記者・鴇田恵子)
posted by 市民発担当 at 16:44| Comment(0) | 子どもの健全育成
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。