2017年10月07日

NPO法人川崎市社交ダンス地域インストラクター協会〜ダンスを生活の中に

川崎市社交ダンスインストラクター.jpg

「NPO法人川崎市社交ダンス地域インストラクター協会」の練習が、川崎市幸区の古市場2丁目会館で行われている(=写真)。参加者の平均年齢は78歳だが、背筋を伸ばして優雅に踊る姿は年齢を感じさせない。最高齢の86歳の本宮信子さんは「練習日が待ち遠しい」と語る。

代表の佐々木勇美さん(82)は、50年前に川崎市教育文化会館の社交ダンス講習会に参加したことがきっかけで、音楽を楽しみ、男女がお互いに最善を尽くしてより良い踊りを目指す社交ダンスの魅力に取りつかれた。「誰もが生涯にわたって楽しみながら心身の健康維持と向上を図り、地域の仲間づくりにもなる非競技型の社交ダンスを普及させたい」と、1999年に同法人を立ち上げた。

毎月1回、定期的に社交ダンスの講演会と学習会を開催。地域でダンスの指導を行うインストラクターの育成に努めている。市内各地域で活躍する人材が20人以上になった。活動範囲は市内全域に広がり受講生の数も100人を超えた。

インストラクターの1人、社交ダンス歴40年になる馬場美智子さん(69)は、「ダンスを生きがいに、限りある人生を楽しみ、基本に忠実な指導をしていきたい」と意気込みを語る。問い合わせは、事務局 電話044-522-6664。

(2017年10月7日 神奈川新聞掲載 市民記者・島村艶子)
posted by 市民発担当 at 16:34| Comment(0) | スポーツ・レクリエーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。