2017年08月26日

にっこり自力整体〜ラジオ体操のように

小にっこり自力整体写真.jpg

「乳がんになって学んだものを人々の健康に役立てたい」と大野敬子さん(52)は2015年12月に「にっこり自力整体」を設立した。

「自力整体」とは、矢上予防医学研究所が開発した「自分で行う整体法」であり、「整体・整食・整心」で構成されている。“ナビゲーター”と呼ばれる講師が全国に500人おり、大野さんもその一人だ。

大野さん自身が実践したことで、冷え症や便秘が改善し、体調が良くなった経験から「自力整体」は未病につながると、参加者への指導に熱が入る。「日々明るい心で、人にも自分にもにっこり」を信条に大野さんはプログラムを進める。

「輪っかタオル」を用いて行う運動(=写真)が特徴的で、体の部位や目的に応じたさまざまなバリエーションがある。現在、川崎市中原区の3カ所で活動中。参加者からは「腰痛が改善した」などと好評という。現在までに約100人が来場、その大部分が口コミで活動を知ったとのこと。自宅でもできるよう「輪っかタオル」の作り方や使用法が書かれた資料を手渡し、メールでの相談も受けている。

「皆が自身の整体師になって『自力整体』を実践する人の輪が広がり、ラジオ体操のような地域活動になったらうれしい」と語る。問い合わせは、大野さん 電話070-1317-1101。

(2017年8月26日 神奈川新聞掲載 市民記者・朝比奈智美)
posted by 市民発担当 at 16:35| Comment(0) | 福祉・医療・保健
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。