2017年05月20日

特定非営利活動法人NPO福祉支援ゆうやけネット〜地域福祉にIT活用

NPO福祉支援ゆうやけネット写真(小).jpg

パソコンなどの情報端末を通じてボランティア活動を活発に推進しているのは、川崎市川崎区にある特定非営利活動法人「NPO福祉支援ゆうやけネット」。設立は2008年、IT活用による地域福祉向上に寄与しようと、有志11人が集まって立ち上げた。

現在は、障害者や高齢者を中心に、パソコンよりも操作が簡単なタブレットの利用を呼び掛け、「インターネットが分からない」「毎日の買い物が大変」という人々にその利点を感じてもらい、毎日が楽しく豊かになるよう訪問型の勉強会を実施。4、5人が集まれば、都合の良い日時・場所で2時間ほど操作を無料で教えている。

また、個別相談会を月に2回、川崎区福祉パルかわさきとかながわ県民センターで開催。1人でも気楽に参加できる。

7年前から福祉住環境の改善と住みやすい豊かな社会の実現を目指し、市内のバリアフリー情報調査を開始。「川崎区バリアフリーマップ」の発行や団体のホームページ上では新たな情報を随時更新している。

理事長の程田和義さん(62)(=写真右)は「今後は外出が困難な人向けの自宅訪問に力を入れたい。他団体では積極的に行っていない事業。そこに自分たちの存在意義がある」と語る。問い合わせは、同ネット 電話044-220-1588。

(2017年5月20日 神奈川新聞掲載 市民記者・渋澤和世)
posted by 市民発担当 at 16:26| Comment(0) | 福祉・医療・保健
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。