2017年04月15日

稗原ゆ〜ず連絡会〜顔が見える関係から

サイズ小_稗原ゆ~ず.jpg

稗原(ひえばら)ゆ〜ず連絡会は、2015年6月、川崎市宮前区の稗原小学校区内の七つの自治会と医療・障害・介護施設など14団体が集まって発足した。

代表の川田和子さん(63)(=写真中央)は、「高齢化が進み、認知症への不安は誰もが持つ。ひとりの人間として自分を受け止めてくれる地域ができれば不安は少し軽くなるはず」と話す。自治会長の立場から「小学校区内の自治会が連携し、顔の見える関係を増やしていきましょう」と自ら呼び掛けた。

連絡会は2カ月に1回。顔を合わせ地域で起こったことを共有する。小学校の体育館でのイベントや、健康づくりのための勉強会を連絡会の団体・施設のスペースを借りて開催している。中でも「脳&筋トレ講座」では、自らも学び、リーダーとして広める役割を担う人を募集し育成している。「得た知識を顔が見える関係から広めていく」と川田さん。

区内にある「ユーズカフェ」が、連絡会拠点のコミュニティーカフェとして協力し、高齢、障害などの不安について「ちょっと教えて」の相談窓口も担う。「カフェを開こうと自宅を改装したものの、不安で開店できずにいた私の背中を『ここで連絡会、集まりましょう』って川田さんが押してくれたんです」と店主の碓井正子さん(=同左)はほほ笑んでいる。

(2017年4月15日 神奈川新聞掲載 市民記者・清水まゆみ)
posted by 市民発担当 at 16:13| Comment(0) | 福祉・医療・保健
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。