2017年02月25日

おもちゃと遊びの会〜楽しさや力伝えたい

おもちゃと遊びの会-1.jpg

「おもちゃと遊びの会」代表の吉田幸雄さん(64)(=写真)は、「おもちゃ作り」を通じ、子どもたちに作る喜びや・遊ぶ楽しさを伝えたいと、2014年に麻生市民館市民自主企画事業に応募し、活動をスタートさせた。 

現在、会員は14人。6人の企画運営委員が「おもちゃコンサルタント」の資格を持っている。麻生市民館で3年間にわたり、誰でも、楽しく参加できる「おもちゃを作って遊ぼう」を実施し、参加者は延べ300人を超えた。

活動を通じ、おもちゃ作りは、子どもたちの想像力を養い、親子のコミュニケ―ションを深める役割を果たすものと実感し、区内の地域イベントにも参加。おもちゃのワークショップを開催して、シニアと子どもたちとの世代を超えた交流を実現している。3年間の自主企画事業終了後は、市民館のサークル活動を通じて、毎月1回の講習会を開催する予定にしている。

吉田さんは「おもちゃ作りと遊びを通じて、誰もが気楽に訪れて楽しめるような場を麻生区内に設立し、子育て・学童保育・知的障害・高齢化などの問題解決に協力する活動を進めたい」と語る。

また新たに、木の持つぬくもりに着目して「木育」ということを広く伝えるために、講座やイベントなどを開催したいと、活動の夢は広がる。

(2017年2月25日 神奈川新聞掲載 市民記者・植木昌昭)
posted by 市民発担当 at 16:35| Comment(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。