2016年06月25日

久地円筒分水サポートクラブ〜憩いの場保全に尽力

CIMG6670-1-1.jpg

高津区久地にある国登録有形文化財「久地円筒分水」は、二ケ領用水の水を田畑の利用面積に応じて四つの堀に正確に分水するための施設。当時の最新土木技術を駆使し考案された装置で1941年に完成した。

時代が変わって、分水する役目はほぼなくなり市民が集う憩いの場に変わった。コミュニティーと魅力ある地域づくりを目指す有志により、2010年3月に結成された「久地円筒分水サポートクラブ」が、その維持管理とガイドおよび近隣小学校の学習支援を担っている。

毎月第4月曜日の午前10時から、同分水内のコケや藻の除去、周辺広場の雑草取り、芝刈り、ゴミ収集など清掃活動にいそしむ(=写真)。7〜9月は暑さを避け午前8時30分から開始。それぞれ担当する作業をこなし、休憩するときは一斉に木陰に集まり談笑しながら水分を補給する。

桜が咲く季節はひときわ美しい景観となり、お花見や散策する人でにぎわう。これまで同広場で「円筒分水スプリングフェスタ」などが開催されたが、駐車・駐輪スペースやトイレがないなど、イベント開催に不可欠な課題も残る。

代表の吉田威一郎さんは「歴史ある貴重なこの水辺を活用しながら守り、後世に伝えていきたい」と抱負を語る。ガイド依頼は高津区役所企画課 電話044−861−3135。

(2016年6月25日 神奈川新聞掲載 市民記者・菅原登志子)
posted by 市民発担当 at 16:25| Comment(0) | 文化・芸術
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。