2015年11月14日

なかはら子ども未来フェスタ実行委員会〜親子の成長へ効果も

003-1.jpg

28日の土曜日に中原区役所で『第10回なかはら子ども未来フェスタ』が開催される。継続しているテーマは「きて・みて・あそんで・支えあう笑顔の輪」。

子どもの未来が明るいものであるようにと、企画・運営するのが「なかはら子ども未来フェスタ実行委員会」(=写真)。委員会の母体である「中原区子育てネットワーク」は2006年に区内の子育てグループが集まり、区役所や保育園、こども文化センターなどと協働で設立した。

当日のフェスタに参加するスタッフは約150人。例年の来場者数は約3千人。おもちゃの病院や川崎フロンターレ人形劇、ファミリーコンサート、キッズ・チアリーディングなど親子で楽しめるプログラムが盛りだくさんだ。

注目する点は、子育て中のお母さんが実行委員長を務め、毎年交代すること。今年度、実行委員長の石榑聡子さんは「地域とかかわり、子育て経験を積み上げることで親子の成長につながる」と実感する。

実行委員会のスタッフは、このフェスタの強みを「お母さんたちがつながる『よこのつながり』と、毎年、新メンバーが加わることで『たての回転』ができ、地域としてより強いネットワークになっている」と話す。

(2015年11月14日 神奈川新聞掲載 市民記者・加藤紀広)
posted by 市民発担当 at 00:00| Comment(0) | 子育て
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。