2018年11月10日

ペットとぼうさい〜「自助」の大切さ伝え

ペットとぼうさい(小).jpg

「ペットとぼうさい」は災害時、ペットと一緒に避難することについて学び、情報を発信している栗平白鳥自治会(川崎市麻生区)のボランティア団体だ。

同団体は地元避難所ではペットを受け入れないことを知った同自治会の7人が2016年2月から活動を開始。毎月1回会合を持ち各地の災害時の経験談や他自治体の防災活動を研究し、地元獣医師の指導も仰いでいる。

自宅の防災対策や備蓄だけでなく、日頃のしつけが避難生活の質に大きな差を生む。飼い主の責任として、自分とペットの身は自分で守る「自助」の大切さを訴えている。

自主開催したペットと一緒の避難体験では、5キログラムの避難用品を背負いペットを連れての悪路歩行や、段ボール製のケージにペットを入れる(=写真)などの体験を通じて、被災時の状況を想像してみる。

9月の防災の日に実施した九都県市合同防災訓練(同市川崎区)では、飼い主の備えや飼い主でない方への理解を求めた。最近では近隣町内会や市外から活動内容についての問い合わせも増えてきた。

中心メンバーの森崎智奈美さん(59)は「各地域の実情に合わせて、災害時のことを考えていただけたら」と呼び掛けている。

問い合わせは、メールでpettobousai2016@yahoo.co.jp

(2018年11月10日 神奈川新聞掲載 市民記者・諸富滋)
posted by 市民発担当 at 16:17| Comment(0) | その他

2018年11月03日

幸えほんの会〜「読み聞かせ」て37年

幸えほんの会(小).jpg

「ポンポコポン、ポンポコポン」。絵本の読み聞かせをするエプロンおばさんがタヌキの腹鼓をする。10組の親子も同じように楽しそうにお腹を打つ。ここは幸図書館(川崎市幸区)の絵本コーナー。月に2回お話会(=写真)を開催するのは「幸えほんの会」だ。

同会は1981年1月に同市の「手作り絵本と読み聞かせ」の講座を受講した仲間が中心になり、立ちあげた。60代を中心に10人の会員が活動している。

絵本の読み聞かせや人形劇、紙芝居、大型絵本を使ったお話し会を毎月、同図書館や日吉分館で行ってい
る。絵本は乳幼児から小学生まで、対象年齢に合わせて選んでいる。4月の花祭りには、近くの称名寺(同区)の本堂で仏教の童話も披露する。

長年の活動が認められ、2006年に市から「読書活動優秀団体賞」、12年に県から「県図書館協会賞」が授与された。

代表の留目知春さんは、「10年以上前、この会で絵本に触れた子どもが保育士となり、今は園児たちに読み聞かせをしていると聞いた時は、本当にうれしかった」と話す。20年以上にわたって活動を続けてきたことに喜びを感じた瞬間だ。

12月には同図書館と同分館で「おおきなおはなし会」が開催される。詳細は同会ホームページ(「幸えほんの会」で検索)。

(2018年11月3日 神奈川新聞掲載 市民記者・吉川サナエ)
posted by 市民発担当 at 16:33| Comment(0) | 子どもの健全育成