2018年07月28日

NPO法人あいけあ〜安心して通える施設

NPO法人あいけあ(小).jpg

特別支援学校卒業後、医療的ケアが必要な重度の障害者が安心して通える施設は少ない。卒業後を心配した母親や支援者たちが、自分たちで施設をつくれないかと2015年に学習会を開始した。

17年に「NPO法人あいけあ」=岡安玲代表(52)=を設立。今春、待望の障害者支援の事業所「i.care」が川崎市中原区井田の住宅街に開所した。

現在、同事業所への通所は4人で、全員が車いすで通う(=写真)。設立メンバーでもある看護師の安西美和子さんは、たんの吸引や胃ろう注入を担う。「彼らが発する感情の小さな反応(嫌だよ、がんばったよ)に気づけることがうれしい。ケアのやりがいと喜びを教えてくれた」と話す。

毎日の活動には、通所者の仕事も取り入れ、近くのスーパーマーケットへの買い物や、清掃活動にも出掛ける。近隣の人からは「がんばって」などの声が掛かる。

利用者の母親は「帰宅してきた時の顔つきや表情から、一日を充実して過ごしているのが分かります。一生懸命活動した達成感なのか、いい顔をして眠ります」とスタッフに厚い信頼を寄せる。

安西さんは「社会人として当たり前に地域の中で、必要とされて生きて行くための活動をしていきたい」と話す。「あいけあ」は愛のあるケア、医療的ケアの意味を込めている。

(2018年7月28日 神奈川新聞掲載 市民記者・安達朝子)
posted by 市民発担当 at 16:18| Comment(0) | 福祉・医療・保健