2018年07月21日

Vocalise総合芸術振興協会〜発声訓練で介護予防

Vocalise掲載写真(小).jpg

 「声年齢も見た目も10歳若返ることができます」と語るのはNPO法人Vocalise(ヴォカリーズ)総合芸術振興協会理事長の清水由香さん(=写真中央奥)。

清水さんの指導で、受講者は顔のさまざまな筋肉を意識して発声するトレーニングを行う。普段使っていない表情筋を自力で動かしながら発声することで、健康にも美容にも良い効果を生むという。

清水さんはプロの声楽家として長年活躍してきた。豊富な音楽経験を生かし、音楽でつながった仲間と一緒に社会貢献に取り組むため2013年5月に同協会を立ち上げた。現在は演奏活動にとどまらず、誤嚥(ごえん)防止など介護予防に積極的に取り組んでいる。独自に開発したメソッド「フェイスリフティングボイス」は、医療関係者の監修を受けて健康に寄与することも確認したという。

同協会の会員は中学生から88歳まで37人。昨年9月、中原市民館(川崎市中原区)ホールで開催した「健康のためのレクチャーコンサート」がきっかけとなり、多方面から講演依頼が増えた。

受講者からは「むせるのが治りました」「健診で肺活量が増えていました」「何だか若返ったようだねと人に言われました」との声も。清水さんは活動の成果に手応えを感じている。

問い合わせは同協会 電話070(5012)4347まで。

(2018年7月21日 神奈川新聞掲載 市民記者・諸富滋)
posted by 市民発担当 at 16:22| Comment(0) | 福祉・医療・保健