2018年07月28日

NPO法人あいけあ〜安心して通える施設

NPO法人あいけあ(小).jpg

特別支援学校卒業後、医療的ケアが必要な重度の障害者が安心して通える施設は少ない。卒業後を心配した母親や支援者たちが、自分たちで施設をつくれないかと2015年に学習会を開始した。

17年に「NPO法人あいけあ」=岡安玲代表(52)=を設立。今春、待望の障害者支援の事業所「i.care」が川崎市中原区井田の住宅街に開所した。

現在、同事業所への通所は4人で、全員が車いすで通う(=写真)。設立メンバーでもある看護師の安西美和子さんは、たんの吸引や胃ろう注入を担う。「彼らが発する感情の小さな反応(嫌だよ、がんばったよ)に気づけることがうれしい。ケアのやりがいと喜びを教えてくれた」と話す。

毎日の活動には、通所者の仕事も取り入れ、近くのスーパーマーケットへの買い物や、清掃活動にも出掛ける。近隣の人からは「がんばって」などの声が掛かる。

利用者の母親は「帰宅してきた時の顔つきや表情から、一日を充実して過ごしているのが分かります。一生懸命活動した達成感なのか、いい顔をして眠ります」とスタッフに厚い信頼を寄せる。

安西さんは「社会人として当たり前に地域の中で、必要とされて生きて行くための活動をしていきたい」と話す。「あいけあ」は愛のあるケア、医療的ケアの意味を込めている。

(2018年7月28日 神奈川新聞掲載 市民記者・安達朝子)
posted by 市民発担当 at 16:18| Comment(0) | 福祉・医療・保健

2018年07月21日

Vocalise総合芸術振興協会〜発声訓練で介護予防

Vocalise掲載写真(小).jpg

 「声年齢も見た目も10歳若返ることができます」と語るのはNPO法人Vocalise(ヴォカリーズ)総合芸術振興協会理事長の清水由香さん(=写真中央奥)。

清水さんの指導で、受講者は顔のさまざまな筋肉を意識して発声するトレーニングを行う。普段使っていない表情筋を自力で動かしながら発声することで、健康にも美容にも良い効果を生むという。

清水さんはプロの声楽家として長年活躍してきた。豊富な音楽経験を生かし、音楽でつながった仲間と一緒に社会貢献に取り組むため2013年5月に同協会を立ち上げた。現在は演奏活動にとどまらず、誤嚥(ごえん)防止など介護予防に積極的に取り組んでいる。独自に開発したメソッド「フェイスリフティングボイス」は、医療関係者の監修を受けて健康に寄与することも確認したという。

同協会の会員は中学生から88歳まで37人。昨年9月、中原市民館(川崎市中原区)ホールで開催した「健康のためのレクチャーコンサート」がきっかけとなり、多方面から講演依頼が増えた。

受講者からは「むせるのが治りました」「健診で肺活量が増えていました」「何だか若返ったようだねと人に言われました」との声も。清水さんは活動の成果に手応えを感じている。

問い合わせは同協会 電話070(5012)4347まで。

(2018年7月21日 神奈川新聞掲載 市民記者・諸富滋)
posted by 市民発担当 at 16:22| Comment(0) | 福祉・医療・保健

2018年07月14日

川崎サウンドテーブルテニスクラブ〜卓球に音を乗せ競技

川崎サウンドテーブルテニスクラブ(小).jpg

サウンドテーブルテニスは、ラバーなしの卓球のラケットで、台とネットの4.2センチの隙間に球を転がして打ち合う視覚障害者の競技。ピンポン球には小さな鉛が入っている。会場では球の転がる音やラケットに当たるカチーンという音が鳴り響く。1933年に考案された歴史あるスポーツだ。

川崎サウンドテーブルテニスクラブは、視覚障害者向けのスポーツ団体として、川崎市内で2000年から活動している。団体発足時はわずか3人だった。より多くの視覚障害者に知ってもらいたいと、市視覚障害者福祉協会を通じメンバーを募集。今では18人ほどになった。毎週土曜日と日曜日に多摩川の里(川崎市多摩区)を中心に練習をしている。体を動かして楽しむことはもちろん、市の大会や関東ブロック、全国大会にも出場している。

全国で優勝するほどの実力者で団体代表の山崎智恵子さん(41)(=写真右)は、「全体的な技量向上のために、目の見えるコーチから助言が欲しい」と望む。広報担当の藤田重男さん(61)は「視覚障害者だけではなく、健常者の人にも参加してもらい、練習の相手や審判にも協力してほしい」と願う。

健常者のサポートを広く募集している。問合せは藤田さん 電話090(5763)1974。

(2018年7月14日 神奈川新聞掲載 市民記者・原達也)
posted by 市民発担当 at 16:44| Comment(0) | スポーツ・レクリエーション