2018年05月19日

朗読ボランティアグループかざぐるま〜信頼と声でつながる

かざぐるま(小).jpg

「朗読ボランティアグループかざぐるま」は、視覚障害者の役に立ちたいという思いで1986年に「出前朗読」のサービスから活動を開始した。会員が利用者宅へ直接訪問し、書類や取扱説明書など要望に応じて対面で朗読する。担当者は利用者ごとに決まっており、お互いに信頼関係で結ばれている。

また、視覚障害関係や地域の情報などを録音した「かざぐるま情報」を年6回、20人に届けている。「イベントやコンサート情報が楽しみ」「視覚障害関連の新しい情報や便利グッズの紹介がうれしい」と好評だ。

会員は21人で60代が中心。会員の椎名耕平さん(42)(=写真中央)は、「正しい発音やアクセント、美しい日本語を意識するようになった」と話す。

代表の塩田道子さん(65)(=写真左)は、「利用者の方々は皆さん前向きで意欲的。新型レンジの使い方をマスターして料理に挑戦、詩作してコンクールに応募、登山する方まで。私たちの方がかえって元気をもらえます」と語る。

毎年6月、川崎市中部身体障害者福祉会館(中原区)主催の「音声訳ボランティア講座」(毎週土曜日・全4回)に協力。感情を入れずに正確に読む音声訳の基礎を学んでもらい、朗読を楽しみながらできるボランティア養成講座となっている。講座の問い合わせは同会館 電話044(733)9675。

(2018年5月19日 神奈川新聞掲載 市民記者・鴇田恵子)
posted by 市民発担当 at 16:32| Comment(0) | 福祉・医療・保健

2018年05月12日

NPO法人ウィンドウ〜地域拠点に製品創作

NPO法人ウィンドウ.JPG

NPO法人ウィンドウの設立は2007年12月。障害のあるメンバーが手作り品の製作販売を行う「地域活動支援センター手作り工房ウィンドウ」を川崎市川崎区で運営している。

同工房は、就労が困難な在宅障害者が地域社会の一員として働く場であり、団体名のウィンドウには「閉じこもらないで窓を開け多くの人と交流をする」という意味が込められている。

製品は、型染めのエプロンや袋類をはじめ、キルティング素材の小物入れなど、30種類以上。中でも、オリジナルの図柄を施した染色の製品は一枚一枚丁寧に色付けされ、濃淡やグラデーションでフクロウや花柄の模様が浮き上がる。すべて手作業のため世界に一枚しか存在しない。

代表の北島総美(さとみ)さん(55)(=写真中央右端)は「障害者が作ったからではなく、良いものだから購入してほしい。うちの製品を愛用している方に出会った時がうれしい瞬間です」と話す。

地域とのふれあいも大切にしている。福祉教室(車椅子体験)、染色体験教室は毎年実施している。現在、委託販売先の協力や出店イベントの情報を求めている。また、材料の木綿生地や使用済みのシーツ、バスタオルの寄付も受け付け中だ。連絡先は、手作り工房ウィンドウ 電話・ファックス044(277)3113。

(2018年5月12日 神奈川新聞掲載 市民記者・渋澤和世)
posted by 市民発担当 at 16:13| Comment(0) | 福祉・医療・保健