2017年12月09日

男友会〜男性にも憩いの場を

男友会(小).jpg

地域交流の催しは、女性が多く男性は肩身の狭い思いをする。それなら男性限定の会をつくればいい。そんな思いから2015年11月「男友会」を設立した。現在65歳以上のシニア男性22人で活動中だ。

毎月第2・4木曜日の午後、特別養護老人ホーム「ビオラ川崎」(川崎区小田栄)で、体操教室が開かれる。2人の女性ボランティア講師の指導のもと、ストレッチ、筋力や持久力アップなどの体操を4セット、2時間かけて休憩を挟みつつ、参加者の体力に合わせながら進めている。

同施設内の地域包括支援センターの協力により、無料で会場を使用することができる。同じ施設を利用している、近隣の乳児とその保護者が対象の「赤ちゃんとママのつどい」では、地域のためにと、男手が必要な力仕事は男友会が請け負っている。

「体操の後は、気の合うグループでマージャンや男同士のおしゃべりを楽しむ。ここは一人で参加する方がほとんど。気軽に顔を出してほしい」と話すのは、メンバーの山ア昭重さん(82)。

代表の瀬戸建さん(77)(=写真左端)は、「今後も体調と相談しながら活動を続けたい。定年後の男性が集い、多くの方がここで仲間をつくり、さらには体を動かすことで健康寿命も延ばしてほしい。」と語る。

(2017年12月9日 神奈川新聞掲載 市民記者・渋澤和世)
posted by 市民発担当 at 18:54| Comment(0) | 福祉・医療・保健

2017年12月02日

かそけしF〜手作り服で井戸寄贈

小かそけし.jpg

「かそけしF」は1年に1回、手作りの服でファッションショー(=写真)を行い、その服やバザーの売上金でカンボジアの小学校に井戸を寄贈している。2005年に発足し、着物のリメークなどを手掛け、現在協力する近隣在住の女性たちは約120人に。

13回目になる今回は、10月21日に川崎市麻生区の琴平神社第二参集殿で開催された。会場には、贈られた井戸水に喜ぶ子どもたちの写真や感謝状が掲示された。

三線のライブ演奏などが披露された後、ショーがスタート。手作りの服を着た有志たちは、参加者に生地の説明を紹介するほか、簡単な作り方を紹介する。「わあ、すてき」と拍手や歓声がわく。

代表の関戸昭子さん(66)はカンボジアを訪れた際、子どもたちが売り子や水くみの仕事をして、学校にも行けない実情を目の当たりにした。その後も友人たちと学校などを何度も訪問し、「自分たちの身の丈にあった支援は何か」と考え、メンテナンスのしっかりした井戸に絞り、これまでに3基を寄贈した。

「かそけし」は淡い、かすかなという意味。名前の由来は、支援がいつまで続くか自信がなかったからという。Fはファッションショーの略。

「毎年、いろんな方が楽しみにして集まってくれる。同窓会気分で楽しいです」とメンバーの一人は長く続いている秘訣(ひけつ)を語る。

(2017年12月2日 神奈川新聞掲載 市民記者・安達朝子)
posted by 市民発担当 at 16:20| Comment(0) | 国際・平和