2017年10月28日

宮前区小学校図書ボランティアの会〜絵本から広がる世界

小宮ボラ会_.jpg

「宮前区小学校図書ボランティアの会」は、図書ボランティアとして自主的に見識を深めようと2001年9月に発足。現在67人のメンバーがおり、活動17年目を迎えた。

読み聞かせボランティアや読み聞かせに関心のある人を対象に、川崎市宮前区の宮前市民館で「小学校での読み聞かせ講座(全8回)」を開催。季刊誌「子どもと本」(子ども文庫の会刊)をベースに作成した約150冊のリストから、絵本の選び方や読み聞かせの奥深さ、幅広さを学ぶ。

「大人のための絵本を楽しむ集い」は、同市民館で奇数月の第2金曜日10時から開催している。9月で95回目となり、毎回楽しみにしている人も多い。参加者は「絵を眺めお話を聴くことで、記憶に語りかける絵本の魅力に気づく」と語る。

同会の創設者である伊藤千代子さん(故人)が始めた、お薦めの本が置かれた家庭文庫は、伊藤さんに賛同・共感した母親たちにより、宮前区周辺4カ所で家庭や地域の文庫活動として継続されている。「絵本の種」は枝葉を茂らせ、絵本の読み聞かせ活動として小学校から地域へと広がっていく。

「子どもたちが優れた絵本と出会うことは、人への信頼や愛情、生きる力を育み、人生が豊かなものになる」と秋元澄子代表は語る。連絡先は電子メールmiyaborakai@gmail.com

(2017年10月28日 神奈川新聞掲載 市民記者・鴇田恵子)
posted by 市民発担当 at 16:44| Comment(0) | 子どもの健全育成

2017年10月07日

NPO法人川崎市社交ダンス地域インストラクター協会〜ダンスを生活の中に

川崎市社交ダンスインストラクター.jpg

「NPO法人川崎市社交ダンス地域インストラクター協会」の練習が、川崎市幸区の古市場2丁目会館で行われている(=写真)。参加者の平均年齢は78歳だが、背筋を伸ばして優雅に踊る姿は年齢を感じさせない。最高齢の86歳の本宮信子さんは「練習日が待ち遠しい」と語る。

代表の佐々木勇美さん(82)は、50年前に川崎市教育文化会館の社交ダンス講習会に参加したことがきっかけで、音楽を楽しみ、男女がお互いに最善を尽くしてより良い踊りを目指す社交ダンスの魅力に取りつかれた。「誰もが生涯にわたって楽しみながら心身の健康維持と向上を図り、地域の仲間づくりにもなる非競技型の社交ダンスを普及させたい」と、1999年に同法人を立ち上げた。

毎月1回、定期的に社交ダンスの講演会と学習会を開催。地域でダンスの指導を行うインストラクターの育成に努めている。市内各地域で活躍する人材が20人以上になった。活動範囲は市内全域に広がり受講生の数も100人を超えた。

インストラクターの1人、社交ダンス歴40年になる馬場美智子さん(69)は、「ダンスを生きがいに、限りある人生を楽しみ、基本に忠実な指導をしていきたい」と意気込みを語る。問い合わせは、事務局 電話044-522-6664。

(2017年10月7日 神奈川新聞掲載 市民記者・島村艶子)
posted by 市民発担当 at 16:34| Comment(0) | スポーツ・レクリエーション