2017年09月16日

きもの文化・歴史風俗研究会〜和の文化を次世代へ

NPO法人きもの文化歴史風俗研究会(小).jpg

日本が世界に誇る文化の一つ、「着物」の魅力を次世代へ伝え続けようと、「きもの文化・歴史風俗研究会」がNPO法人として活動を開始したのは2000年12月。現在30〜80代の女性を中心に70人で活動中だ。

子どもたちのために自分たちの持つ技術や知識を生かしたいという思いから始まった「歴史へのご招待」は毎年11月に開催され、今年で36回目を迎える。

小学生によるハンカチの紅花染め体験発表や中学・高校生着付けマナーコンテストのほか、特別講演が用意されている。コンテスト出場者からは「立ち振る舞い方も身に付いた。花火大会には浴衣を自分で着て参加する」という声も聞かれる。

新たな取り組みとして、川崎大師で和を体験できる、「きもので川崎大師『大師変身館』」を7月に開館。川崎大師観光協会、川崎大師商店街連合会と協力し地域の活性化を目指す。女性には振り袖や小紋をはじめ江戸時代の町娘、男性には新撰組、子どもには忍者など、バリエーション豊富なメニューをそろえ、他の観光地より格安でレンタルと着付けを行っている。

会長の尾ア弘子さん(71)(=写真右)は、「着物は四季を味わう心や洋服にはない非日常が体感できる。若い方や外国の方にも来館してほしい」と語る。問い合わせは、みやうち着物学院 電話044(744)2656。

(2017年9月16日 神奈川新聞掲載 市民記者・渋澤和世)
posted by 市民発担当 at 16:20| Comment(0) | 文化・芸術

2017年09月09日

NPO法人スマートライフ推進会〜シニアにスマホ伝授

サイズ小20170720_25.jpg

「スマホ・タブレット何でも相談講座」が月3回、川崎市中原区の中原市民館で開催されている(=写真)。主催するのは「NPO法人スマートライフ推進会」だ。

シニア世代が自分のスマートフォンやタブレットを持参。「とても分かりやすい」と好評で、「タブレットでワープロも使えるようになり、書類も自分で作れるようになった」など、スキルアップしたとの参加者の声も寄せられる。

同会を立ち上げたのは代表の菰田(こもだ)浩さん(45)。地域の子ども会活動などで、自身のスマホを使いこなせず困っている多くのシニアに出会ったのがきっかけだ。

2016年4月にNPO法人を取得、14年10月に設立した「活き生きクラブ」から名称を変更した。法人化をしたことで活動の幅が広がり、中原区を中心に、宮前、幸区など市内4カ所での活動のほか、県外からも講座の依頼が増えた。

7月には、幸区のさいわい健康福祉プラザで、中原区の高校生が中心となって活動している市民団体とのコラボレーションによる講座も実施。現役高校生が講師となってシニア世代にスマホを教えるきっかけづくりにつながった。「今後も、若者のスマホ操作能力を活用し、世代を超えたコミュニケーションの場を提供したい」と菰田さんは語る。

連絡先は、菰田さん 電話090(6015)8805。

(2017年9月9日 神奈川新聞掲載 市民記者・山村由美子)
posted by 市民発担当 at 16:25| Comment(0) | その他

2017年09月02日

川崎ボランティア・ガイド研究会〜外国人に魅力を紹介

写真1.jpg

「川崎ボランティア・ガイド研究会」は、川崎市を訪れる外国人に英語で観光案内することを目的としている。全員が英語通訳経験者で、発足のきっかけは、川崎市内で開催された観光ボランティア通訳セミナー。代表の田中嘉信さん(73)と福永康子さん(64)は、「せっかく集まった仲間と地域で実践の場を創出したい」と2017年3月、立ち上げたばかり。

会員は50〜70歳代の12人で、現在の活動は月1回の勉強会が中心。生け花をはじめとする日本文化や多摩区の日本民家園、川崎区の川崎大師、市内を流れる二ヶ領用水など、市内の観光スポットについて英語でいかに説明をし案内するか、個々人がテーマを担当して発表する(=写真)。近く「川崎工場夜景ツアー」などを予定し、自らのガイドプラン作成に生かしたい意向だ。

観光ガイドを実施する機会を得るため、市内の観光に携われる市民活動団体とのコラボレーションや、川崎市への働き掛けを検討している。「川崎は東京、横浜に挟まれ、観光客が通り過ぎていってしまい、目立たず残念」と福永さん。

「市内には魅力的な場所がたくさんある。外国からの来訪者へこの魅力を伝え川崎市を応援したい。団体名には川崎を応援する気持ちを込めている」と田中さんは語る。一緒に活動する仲間も募集中。連絡先は電子メールで田中さん tanakays@poplar.ocn.ne.jp

(2017年9月2日 神奈川新聞掲載 市民記者・島田悦子)
posted by 市民発担当 at 16:57| Comment(0) | 国際・平和