2017年06月24日

溝の口減災ガールズ〜災害時にもおいしく

減災ガールズ写真2.jpg

食べることは元気の源。被災時に「おいしい!」と感じることは、人に笑顔を取り戻させる。

災害が起きると非日常的な災害食が並ぶ。「被災時に食べ慣れた家庭の味を」と、「溝の口減災ガールズ」代表の山本詩野(しの)さん(49)と川崎市高津区で暮らす10人の女性たちが呼び掛ける。東日本大震災後、宮城県石巻市の人々との交流を通じ、2016年2月に災害食を学ぶ場として、芋煮会から活動を開始。また、熊本県益城町の炊き出し事例からも食の力に触れた。

防災用の保存食は、食べないまま賞味期限切れになりがち。常備保存食を循環させるローリングストックの考え方で食材の無駄を防ぎ、いざという時にも役立つ「減災食レシピ」を考案。水、米、パスタ、ツナ缶、のり、ふりかけなどをうまく使い、楽しく・おいしいワークショップを行っている(=写真)。

17年3月に宮前区主催の防災フェアで実施した際も、簡単にできる「水漬けパスタ」と即席ソースを提案。参加者からは、「少量の水からわずか1分でゆであがるのには驚いた」などと感心の声がしきり。

山本さんは「楽しく、いつの間にか学びになる場、その学びを参加者全員で共有できる場にしていきたい」と語る。

次回は7月9日、武蔵溝ノ口駅近くの「フィオーレの森」で。問い合わせは「フランセーズ ラ・ポルテ」の片岡さん 電話044-863-9986。

(2017年6月24日 神奈川新聞掲載 市民記者・鴇田恵子)
posted by 市民発担当 at 16:29| Comment(0) | その他

2017年06月17日

宮前区ふたごの会〜喜びや苦労分け合う

写真(小).jpg

双子の子育ては何でも2倍の手間がかかる。外出もままならない。そんな双子のママたちが月に1度「宮前区ふたごの会」の活動に出かけてくる。

同会は1998年4月に双子の母親が集まり設立された。目的は、双子ならではの喜びや大変さを分かち合い、ボランティアの手を借りて、少し息抜きしながら成長を見守ることだ。活動場所は、宮前区保健福祉センター内の相談室。設立して約20年、就学までの双子親子の交流の場として続いている。

毎月第4月曜日が活動日。年間計画を自分たちでつくり、クリスマスなどのイベント、工作、時には歯科衛生士らを招いてお話会も開く。おばあちゃん世代のボランティアが毎回活動をサポート。「ここでは、ひとりをみてもらえるのが本当に助かる」とママたち。

先輩ママが、おさがりの服を持ってくるリサイクルの日もある。この時は双子の習い事事情など、ちょっと先のことを知る貴重な時間にもなっているそうだ。同会の活動は、区が全家庭を対象に行う生後4カ月までの赤ちゃん訪問の際、双子家庭に紹介されている。

現在、会員は15人。代表の大山路子さん(36)(=写真左前方)は「同時に泣かれる時が一番困る。でもここは気兼ねせずいられる。なかなか外出ができないママの手助けになれればうれしい」とほっとした顔で話した。

(2017年6月17日 神奈川新聞掲載 市民記者・清水まゆみ)
posted by 市民発担当 at 16:28| Comment(0) | 子育て

2017年06月10日

ピーナッツ・ブラス・クインテット〜金管五重奏を知って

サイズ小Peanuts  Brass Quinte.jpg

ピーナッツ・ブラス・クインテット(=写真)は金管五重奏のアンサンブル。メンバーの経験は豊富で演奏技術は高い。

この春は幼稚園の桜まつりで演奏し、園児に音楽の楽しさを知ってもらった。「これからは地域で訪問演奏の機会を増やし、多くの人々に金管五重奏の素晴らしさを伝えたい」とメンバーは意気込む。そんな思いを込め、初めての自主演奏会「水無月(みなづき)の夕暮れ」(無料)を17日午後6時から、川崎市高津区の高津市民館ホールで開催する。

結成を呼び掛けた米澤郷さん(43)はトランペット奏者。高校時代、来日したプロの金管五重奏の響きに「すごい」と衝撃を受けた。「いつか自分たちで五重奏を」と夢を抱き続け、音楽活動で知り合った川崎市内の演奏仲間や30年来のトランペットの先輩高橋治夫さん(61)に呼び掛け実現させた。

「誘われてうれしかった」というメンバーは、演奏の合わせどころで息を確認しあう。「第1トランペットの合図に注目」「チューバの音で出る」など。強弱やテンポなど変化のタイミングを合わせる練習を重ねる。「要所でぴたりと合うと体が震える」とメンバーは口をそろえる。

米澤さんは「演奏会をきっかけに私たちを知り、訪問演奏などについて気軽に問い合わせてもらえるとうれしい」と話す。問合せは、メールで米澤さん(gogo@tt.rim.or.jp)。

(2017年6月10日 神奈川新聞掲載 市民記者・小島博記)
posted by 市民発担当 at 16:37| Comment(0) | 文化・芸術