2016年07月30日

被爆体験語り部 森政忠雄さん〜孫の一言で口を開く

原爆語り部 森政忠雄氏 (3).jpg

8月14日に麻生市民交流館やまゆりで開かれる「伝えたい!子どもたちに。戦争と原爆の悲惨さ、平和と命の大切さ」(認定NPO法人あさお市民活動サポートセンター主催、川崎市後援)。語り部を務める森政忠雄さん(麻生区)(=写真)は「戦争があるが故に、市民が悲惨な目に遭う。次世代を担う子どもたちは、人を憎まず戦争を憎み、戦争をなくすにはどうすればいいか」を考えてほしいという。

被爆体験を語れる人の高齢化が進む中、今年82歳になる森政さんは、11歳の夏に広島で被爆。目撃した情景があまりにも凄惨(せいさん)だったために、その記憶を呼び覚まし、人に語れるようになるのに59年もの時間を必要とした。

語り部になるきっかけは、孫娘の「広島のことを友達に教えたい。原爆の話を詳しく教えて」という一言だった。

自分の体験を語り継ぐことは、生かされている自分の天命であり、苦しさやつらさを理由に黙っていることは許されないと考えた。当日はそのつらい記憶が語られる。

なお、同館サロンでは原爆写真展・平和への願いを込めて折り鶴づくりなども開かれる。親子で「平和の大切さ」を知る機会になってほしいと主催者は語る。

(2016年7月30日 神奈川新聞掲載 市民記者・植木昌昭)
posted by 市民発担当 at 18:03| Comment(0) | 国際・平和

2016年07月23日

NEC玉川吹奏楽団〜多彩な曲で会場満喫

NEC玉川吹奏楽団jpg.jpg

NEC玉川吹奏楽団は、NEC玉川事業場(川崎市中原区)や近隣事業場に勤務する同社と関係会社の社員約60人による吹奏楽団だ。設立は1957年で来年創立60周年を迎える。

当初は社内行事での演奏がほとんどだったが、「地元川崎の皆さんと共に」という思いから、小学校で音楽鑑賞教室を実施。現在は定期演奏会やチャリティコンサートなどの形で市内を中心に数多くの演奏会を行っている(=写真)。

今年5月には事業所近隣住民を招待した「第13回なかはらふれあいコンサート」を社内ホールで開催。遠出が困難な高齢者や子育て中の親子にも気兼ねなく参加してもらえるよう、来場者に年齢制限を設けていない。アニメソングから童謡メドレーまで多彩なジャンルの曲を披露し700人規模の会場を埋めた聴衆を楽しませた。

同楽団が作曲家に依頼して完成した曲の一つに「ファンファーレ『はやぶさ』」がある。小惑星探査機はやぶさプロジェクトの成功を記念したスケールの大きな曲で、団員は日本の技術力への誇りを持ちながら特別な思いを込めて演奏している。

副楽団長の久野秀策さんは語る。「今後も皆さまに感銘いただける演奏を心掛けたい。ぜひ、演奏会に足を運んでみてほしい」。次回の無料演奏会は、「第12回ファミリーチャリティーコンサート」で10月23日(日)、NEC玉川事業場ルネッサンスシティホールで予定している。

(2016年7月23日 神奈川新聞掲載 市民記者・渋澤和世)
posted by 市民発担当 at 16:25| Comment(0) | 文化・芸術

2016年07月16日

KSソーシャルネットワーク〜つながりをつなげる

KSソーシャルネット.JPG

ビジネスの手法で社会的課題を解決していきたい。「KSソーシャルネットワーク」はそんな志を持ち共に学んだ仲間同士のネットワークだ。

2012年3月に設立され、会員は現役でさまざまな職種で働いている20人。独立開業した会員はまだいないが、持っているスキルを生かし、地域や他の市民活動団体で活躍している会員は多い。

「自分がやりたい!と思ったことに会員たちがお互い知恵を出して助け合い、事業として実現し成功するための一助の場になるとうれしい。人や他団体とのつながりがそれを可能にすると思う」と事務局長の岩田直樹さん。そのためにも、各自のスキルを相互に学び合う勉強会や他団体の活動を見学する「現場研修」など、実践的な知識取得にも努めている(=写真)。

今年は多摩区との協働事業で区民に有益な情報を届ける「情報プラットフォーム」をホームページで区内の専修大学と作成する。「どうすれば区民の手元に情報が届くのか。ホームページのデザインについて、若い学生に指摘してもらうと、感性の違いに目からうろこが落ちる。この事業を持続的に継続するようにしたい」と事務局の井坂資弘(もとひろ)さんは語る。問い合わせは、事務局の井坂資弘さんへ電子メールでmoto4338@yozamiya.com

(2016年7月16日 神奈川新聞掲載 市民記者・島田悦子)
posted by 市民発担当 at 16:17| Comment(0) | その他