2015年11月28日

犬と猫と人間のよりよい地域づくりプロジェクト〜命と未来の「かけ橋」〜

1128写真-1.jpg

「犬と猫と人間のよりよい地域づくりプロジェクト」は動物愛護を通じて、人と人とのつながりを築き、命に優しい地域づくりを目指して活動をしている(=写真)。きっかけは、宮前市民館で実施された自主講座「犬と猫と人間のよりよい暮らし」だ。参加者の中から、「犬猫を最期まで責任を持って飼う大切さを伝えたい。」「捕獲された犬猫の殺処分を減らしたい。」との思いを持つ有志4人が集まって、2014年8月に設立された。

主な活動内容は、TNR(のら猫の不妊手術)の推進、保護している犬や猫の譲渡会、ペットのためのエンディングノートの作成と普及だ。現在のメンバーは自主的に保護活動をしている人なども含め、個人のできる範囲で活動をしている。譲渡会に猫を連れて参加している方、手伝いの方もそういう方々だ。

「新たに犬猫を飼うことを考えている方は、ペットショップで購入する前に、保護活動をしている団体から引き取ることも検討してほしい」と話すのは、代表の中島まり子さん(57)。

「動物好きの人たちの動物のための活動」ではなく、「地域を良くするための人間と動物のための活動」であることを常に意識している。今後は他の市民団体と協力した活動をさらに計画していきたいと考えている。

(2015年11月28日 神奈川新聞掲載 市民記者・渋澤和世)
posted by 市民発担当 at 00:00| Comment(0) | まちづくり

2015年11月21日

NPO法人かわさき歴史ガイド協会〜歴史ある街の案内人

CIMG1749.jpeg

今年2周年を迎えた「東海道かわさき宿交流館」は来館者が10万人を超えた。館内に常駐し、ガイド依頼や質問に応じているのは「NPO法人かわさき歴史ガイド協会」。2004年に発足し、歴史豊かな川崎を多くの人に知ってもらおうと、現在66人が活動している。

小・中学校の総合学習にも協力する。子どもたちは交流館の「川崎宿模型」で当時の川崎宿の様子を知り、その後に旧東海道を案内人とともに歩く(=写真)。現在と江戸時代のまちを比べることで、まちの歴史を身近に感じてくれるようになる。「学校の近くに古い歴史のある寺社やイチョウの大木が残っていて、びっくりした」。こんな言葉に励まされ、より興味や関心をもってもらえるよう案内の工夫を重ねている。「子どもたちに地域の歴史を未来に引き継いでもらう一助になれば」と会員の中村紀子さんは話す。

協会の活動は幅広い。「身近な街の歴史・史跡ガイド」を作って学校や図書館に置いてもらった。川崎宿めぐり、大師道めぐりなど地域めぐりのほかに、川崎大師平間寺境内にも4月〜11月の土、日、祝日に常駐している。

「このまちに住んでいてよかった。川崎って歴史・文化が豊かなまちですね。と理解してもらうのが一番うれしい」と川崎育ちの吉野智佐雄理事長は語る。

(2015年11月21日 神奈川新聞掲載 市民記者・安達朝子)
posted by 市民発担当 at 00:00| Comment(0) | 文化・芸術

2015年11月14日

なかはら子ども未来フェスタ実行委員会〜親子の成長へ効果も

003-1.jpg

28日の土曜日に中原区役所で『第10回なかはら子ども未来フェスタ』が開催される。継続しているテーマは「きて・みて・あそんで・支えあう笑顔の輪」。

子どもの未来が明るいものであるようにと、企画・運営するのが「なかはら子ども未来フェスタ実行委員会」(=写真)。委員会の母体である「中原区子育てネットワーク」は2006年に区内の子育てグループが集まり、区役所や保育園、こども文化センターなどと協働で設立した。

当日のフェスタに参加するスタッフは約150人。例年の来場者数は約3千人。おもちゃの病院や川崎フロンターレ人形劇、ファミリーコンサート、キッズ・チアリーディングなど親子で楽しめるプログラムが盛りだくさんだ。

注目する点は、子育て中のお母さんが実行委員長を務め、毎年交代すること。今年度、実行委員長の石榑聡子さんは「地域とかかわり、子育て経験を積み上げることで親子の成長につながる」と実感する。

実行委員会のスタッフは、このフェスタの強みを「お母さんたちがつながる『よこのつながり』と、毎年、新メンバーが加わることで『たての回転』ができ、地域としてより強いネットワークになっている」と話す。

(2015年11月14日 神奈川新聞掲載 市民記者・加藤紀広)
posted by 市民発担当 at 00:00| Comment(0) | 子育て