2015年07月25日

デイセントーぬくもり〜高齢者のオアシス目指して〜

(神奈川新聞送信用)デイセントーぬくもり写真.jpg

「デイセントーぬくもり」は、 東急東横線元住吉駅に近い住宅街にある祇園湯で、入浴を含めたデイサービスを月1回行っている。通常は午後3時開店だが、同サービスを運営する毎月第2木曜日は朝から浴槽に湯が満ちている。

10時から始まる健康チェックの後は、全員で男湯と女湯の脱衣場を行ったり来たりしながら、プログラムに沿って手際良く体操、入浴、昼食、レクリエーションと進む。新聞紙で作った輪と椅子の脚を利用した輪投げのゲームでは、入っても入らなくても歓声があがる(=写真)。「ドンドンパンパン…」で始まる民謡ドンパン節に振り付けを加えての合唱など、利用者とスタッフの朗らかな笑い声が途切れない。

地域の銭湯を利用し、高齢者の交流や介護予防を目的とした「川崎市ふれあいデイセントー事業」。気の合う主婦4人が「地域で役に立ちたい」と考えていたところ、同事業を知り、さっそく応募。書類作成に苦労したが、2012年9月から活動を開始した。現在50歳代〜70歳代のスタッフ10人が、高齢者による高齢者のためのオアシスを目指している。

「利用者さんの笑顔は私たちの宝」。代表の佐藤和さんは、その笑顔を見るために毎回当日の朝、利用者13人全員に電話を欠かさない。

(2015年7月25日 神奈川新聞掲載 市民記者 菅原 登志子)
posted by 市民発担当 at 00:00| Comment(0) | 福祉・医療・保健

2015年07月18日

麻生ふるさと交流会〜お国自慢で親睦深め〜

掲載用写真.jpg

 「麻生ふるさと交流会」は、麻生区とその周辺に在住するシニアが、ふるさとを語り合って親睦を深め、新しいコミュニティーづくりを通して地域の活性化を図る会だ。会員は63人。

麻生市民交流館やまゆりで、年3〜4回お国自慢発表会を開くほか、旅行や他の県人会との交流も行っている。設立は2013年3月。歌・民謡好きが集まって話したとき、それぞれの出身地がさまざまだと分かった。そこで 「幅広くふるさとの話をしたい」という声があがったことがきっかけだ。

活動の中心はお国自慢発表会だ。毎回地域を選び、その出身者たちが故郷の魅力を紹介する。何をどう発表するかは自由。阪神間の回では 、宝塚歌劇団で有名な「すみれの花咲く頃」を5人で歌った(=写真)。声質と動きをそろえるさまに聴き手の顔がほころんだ。宮城・山形の回では、出羽の合戦(1600年)について、戦いの様子が描かれた史料を使って話したが、熱が入りすぎて予定時間をかなりオーバーしてしまったという。

参加者からは「気軽に各地の話が聞けて楽しい」「一緒に発表したことで仲間が増えた」などの声が寄せられた。

今後は地域ごとの発表に加え、お城自慢・歌祭りなど、テーマを掘り下げる場を設け、交流の活性化を深める方針だ。事務局長の宮本直紀さんは「なるべく参加しやすく、楽しく過ごせる会になれば」と話している。

(2015年7月18日 神奈川新聞掲載 市民記者 原田昌幸)
posted by 市民発担当 at 00:00| Comment(0) | まちづくり

2015年07月11日

川崎市折鶴の会〜被爆体験 次代に伝え〜

2015市民との折鶴交流会2IMG_0218-1.jpg

川崎市折鶴の会は市内在住の原爆被爆者団体として被爆者の生活向上、核兵器廃絶に寄与することを目的に、1965年に設立された。現在の会員数は123人で、平均年齢80歳。

多摩区役所で6月4、5日に開催した折鶴交流会(=写真)では「核兵器廃絶と平和を祈って」をテーマに市民と共に千羽鶴を折り、これを会が8月に被爆地へ届ける。この活動は今年で7年目になる。

被爆者自ら体験を語る「語り部」も大切にしている活動の一つだ。「語り部」の一人、5代目会長の森政忠雄さん(81)は被爆の悲惨な状況は辛(つら)く思い出したくなく、家族や同僚にも話さなかった。ところが10年前、広島から関東に引っ越して来た孫娘から、広島で学んだ平和や原爆被害を同級生にも伝えたいという相談を受け、協力した。小学5年生が平和の大切さや戦争の悲惨さ、命の尊さを真剣に受け止めたことに感動した。この経験が「語り部」としての使命感につながり、活動を始めるきっかけになった。

「8月6日、9日の原爆記念日、15日の終戦記念日の意味を知らない子どもたちが増え、焦りを感じる。少しでも多くの人たちに伝えたい。必要とされるなら会としてご協力させていただきたい」と強く語った。問い合わせはメールで ysmnakata@gmail.com

(2015年7月11日 神奈川新聞掲載 市民記者 島田悦子)
posted by 市民発担当 at 00:00| Comment(0) | 国際・平和