2017年08月19日

平和を願う会〜語りや朗読劇で訴え

平和を願う会(小).jpg

戦争を知らない世代に、戦争の悲惨さ、核兵器の忌まわしさ、平和の尊さを伝えたい。そして、子どもたちが戦争や核兵器のない平和な世界を築く若者に育ってほしいと活動する「平和を願う会」。

代表は自らの被爆体験を語り継ぐ活動を続け、川崎折鶴の会会長も務める森政忠雄さん(83)(=写真左)。共同代表で発起人の萩坂心一さん(60)(=同右)と、志を同じくする仲間6人によって4月に発足した。

私立高校で教壇に立っていた萩坂さんは、「教え子を戦地に行かせぬように」と、退職後も演劇や朗読で、反戦や平和を訴え続けてきた。昨年、麻生区で森政さんの講演を聴き、心を揺さぶられた。自分たちの思いを、一人でも多くの若者や子どもたちに伝えたいと、麻生区地域コミュニティ活動支援事業に応募。助成金を活用し、今月26、27の両日、麻生市民交流館やまゆり(麻生区上麻生)で親子向けイベント「平和を願い、実現するための集い」を開催する。

森政さんの講演と、萩坂さんの朗読劇「父と暮(くら)せば」、アニメ映画「ヒロシマに一番電車が走った」の上映のほか、折り鶴を被爆地に届けるワークショップもある。講演と朗読劇は大人千円(学生以下無料)。問い合わせは、萩原さん 電話044-935-0313。

(2017年8月19日 神奈川新聞掲載 市民記者・佐々木直子)
posted by 市民発担当 at 16:18| Comment(0) | 国際・平和

2017年08月05日

かわさき聞き書き隊〜市井の歴史を記録に

ポートレイトA_171.jpg

「聞き書き」は、お年寄りの言葉、口癖そのものを文字で書き写し、残すことをいう。「聞き書きボランティア講座」をきっかけに、「かわさき聞き書き隊」は昨年10月、越後谷裕之代表(49)(=写真右)を中心に11人で結成された。

現在は川崎区内のデイサービスや老人福祉施設を訪問。1回の訪問に30分から1時間かけ、平均して5回は通う。現在までに12冊の聞き書き本を作成し、語り手に贈呈して喜ばれている。

「お年寄りから話を聞くことで、埋もれてしまった市井の人々の生活や文化・自然など、自分たちの知らない生きた川崎の歴史を教えてもらう機会になっている。聞き書きは、自分たちの学びや成長の場にもなっている」とメンバーたちは語る。

「自己表現の機会が少ないお年寄りにとって、自分のためだけに来訪し、自分の人生を聞いてくれる「聞き書き」の時間は楽しく、来訪を待ちわびるようになる。健康の活性化にもつながる」と介護老人福祉施設桜寿園施設長の仁科敦子(あつこ)さん(57)は評価する。

越後谷代表は「将来は中高校生を巻き込んで、お年寄りから聞き書きをしてもらい、より多くの生きた地域の歴史や経験を学ぶ活動につなげたい」と意欲的だ。問い合わせは越後谷代表  電話 080-4877-1205。

(2017年8月5日 神奈川新聞掲載 市民記者・矢島 泰弘)
posted by 市民発担当 at 16:15| Comment(0) | 福祉・医療・保健

2017年07月29日

長尾台コミュニティバス利用者協議会〜あじさい号を次代へ

170729市民発_長尾台コミュニティバス.jpg

川崎市多摩区長尾台の丘陵地を青色に輝くバスが走る。コミュニティーバス「あじさい号」(=写真)だ。「このバスがあるから仕事に行ける」「なくては困る」という乗客の声は、バスが地域の足として定着したことを物語る。

「電車やバス路線から離れた長尾台にバスを」と2008年、「長尾台コミュニティ交通導入推進協議会」が設立。6年後、本格運行にこぎ着けたことで「長尾台コミュニティバス利用者協議会」に移行した。

会長の児井(こい)正臣さん(72)と会員13人は、「車がなくても」「高齢になっても」生活ができる、エコで住みやすいまちを目指す。「あじさい号」のダイヤは、朝6時台から夜10時台までと路線バス並みに幅広く、通勤時間帯の本数が多い。

「自分たちの住む所は、自分たちで良くしたい」という協議会のメンバーはバスの本格運行後、ルート図や乗り継ぎダイヤ表を作成し、各戸に配布するなど、「あじさい号」を住民の手で育てていこうと、バス利用を呼び掛けた。乗客には毎年、利用実態調査を行い検証を続ける。

また、「あじさい号」の車内では、折々の写真や地域の子どもの絵を展示する。7月は、多摩区の名所の写真を展示中だ。

児井さんは「都市部の交通空白地帯の問題は深刻。他地域で同様の計画があれば、経験を生かして応援したい」と話している。

(2017年7月29日 神奈川新聞掲載 市民記者・横山知恵子)
posted by 市民発担当 at 16:20| Comment(0) | まちづくり