2016年12月03日

チーム ピース チャレンジヤー〜インドの子らに支援

チームピースチャレンジヤー給食プロジェクト.jpg

「世界中の子どもたちの多くが飢えや紛争に巻き込まれている。そんな状況を放っておけない」

50歳を超えた女性3人が商社を辞めて「チーム ピース チャレンジャー」を設立し、10年目を迎えた。現在会員50人。途上国の伝統的な手作り品やオリジナル製品を販売し、支援を継続している。

設立後、まずタイ、インド、バングラディシュを視察した。日本の学生が1千万円を集め、インド北東部スジャータ村に学校を建設したことを聞き訪問した。ここはアウトカーストの住む最貧困地区。学校に通わせるよう親を説得して無償で教育を提供しているが、約7割は貧困のためか欠食児童だ。そこで2008年から給食支援を開始した(=写真)。

「毎週2回と試験の日にしか出せないことが心苦しい」と蔵田えり理事(65)。だが給食が始まると、母親もわが子たちを学校に送り出すようになった。生徒は500人に達し、出席率も100%近くになった。また、村の女性の自立のため、12年に職業訓練所を開設し、日本から講師を派遣して洋裁と編み物の技術指導を行っている。洋裁技術を身に付けたことで、結婚の際の高額な持参金が軽減されている。

「教育を受けることで、子どもも女性も、夢が持てるようになった。私たちがここで学んだことを日本の子どもにも伝えたい」と蔵田さんは語る。

(2016年12月3日 神奈川新聞掲載 市民記者・高橋喜宣)
posted by 市民発担当 at 16:32| Comment(0) | 国際・平和

2016年11月26日

Vege&ArtsFes実行委員会〜川崎野菜と地元結ぶ

2016_11_26市民発_Vege&ArtFes実行委員会_写真.jpg

第4回のvege&ArtsFes(ベジアンドアートフェス)が10月23日、高津区の住宅展示場で行われた。「地域で繋がる」「子どもが楽しめる」「女性の活動を応援する」ための多彩なイベントが開かれ、会場は千人超の来場者でにぎわった。

ステージでは日本舞踊、プロレス、子どもストリートダンスなどが繰り広げられ、食のブースでは宮前区で収穫した野菜を二子新地のレストランがコロッケなどに調理して提供した。女性起業家がアロマテラピーに関するワークショップを開催し、工作のコーナーは子どもたちが押した手形アートでいっぱいになった。

実行委員長の中村ふみよさん(34)(=写真)は、フェスの参加者が多彩なイベントを通じ、交流の輪や知見を広げることを期待している。

「例えば、ステージに出演するわが子を見に来た親が、思いがけずプロレス団体の障害者支援活動や、川崎野菜について知る。こうしたことがイベント価値を高めてくれます」と話す。

会場全体を見渡すと、人の集まりに偏りがあるなど、いくつかの課題が見えた。次回の計画にそれらを生かし「足を運んでくれた人がつながり、何かを『知った』や『始めた』がたくさん生まれるようなイベントを誠実に継続したい」と意気込む。次回は2017年3月25日、同じ住宅展示場で開催する予定だ。

(2016年11月26日 神奈川新聞掲載 市民記者・小島博記)
posted by 市民発担当 at 16:29| Comment(0) | 文化・芸術

2016年11月19日

伝統食品の魅力発信

発酵都市かわさきプロジェクト写真.jpg

何げなく毎日食卓にのぼるみそやしょうゆや納豆。すべて和食文化に欠かせない発酵食品だ。

川崎市内では、他にもキムチや小麦のでんぷんを発酵させた川崎大師名物の久寿餅など、種類も多く、市民に親しまれている。

自分の町から日本の伝統的発酵食品や食材の素晴らしさを広めたいと「発酵蔵カフェかもし堂」を開店した長谷川賢吾さん(44)=写真(左端)=は、2013年「発酵都市かわさきプロジェクト」を立ち上げた。

キムチの「おつけもの慶」、「かじのや納豆」、ビールの「ブルーマーブルーイング」など、製造元のオーナーたち=写真=が賛同、意見を出し合って力を合わせて発信した結果、川崎市のイメージアップ認定事業の1つにも選ばれた。

活動は広がり、みそ造りイベントをはじめ、旅行代理店JTBと組んで企画した川崎市内の工場見学ツアーは、定員を超える申し込みがあり、試食試飲体験ツアーと並んで大好評だった。「全国発酵のまちづくり協議会」に加盟したため、今やセミナー開催などもめじろ押し。

「4年後、川崎で全国発酵食品サミットを開くことが目標です。オリンピックに合わせて世界に発信したい」とプロジェクトの夢も“発酵中”だ。 

(2016年11月19日 神奈川新聞掲載 市民記者・町田香子)
posted by 市民発担当 at 17:35| Comment(0) | まちづくり